『あなたがしてくれなくても』第15話のネタバレ・感想!

『あなたがしてくれなくても』はハルノ晴先生の作品です。

肉体関係を持った吉野と三島。
お互いしこりを残す形となった。

そんなことは当然知らず、突然花をプレゼントされ驚き、泣いて喜ぶミチ。
それを後ろめたい気持ちで見つめていた吉野。

はたして吉野の秘密を知らないまま二人の関係は元通りになっていくのか!?

そしてとうとう迎える新名夫妻の結婚記念日!
二人はこの記念日ですれ違った思いを元に戻せるのか!?

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼
U-NEXTで「あなたがしてくれなくても」を無料で読む 

あなたがしてくれなくても 【第15話】のあらすじ

「あれ?新名まだいたの?」

慌ただしく納期に追われているオフィスで声をかけられた楓(新名の妻)。

「今日、結婚記念日ディナーじゃなかったっけ?」

それを聞き周りの後輩が慌て始める。

「あ、あの新名さん行ってください!私のミスなんで」
「大丈夫よ、それよりミスが無くなる努力して」
「あんまり仕事優先すると私みたいにバツつくよ~。女作られても気付かなかったもん」

様子を見に来た同僚が入ってきた。

 

それを聞き、余裕の表情を浮かべる楓。

「ハイハイ、あんたんとこはそれはないわなーっ。旦那あんたにゾッコンだもんね~」
「あの、本当にすみません」
「大丈夫、そんな事で怒るような人じゃないから」

笑顔でそう答えるのだった。

高級なレストランで一人テーブルの前に座っていた新名は、楓から電話に気がついた。

「楓?着いた?」
「誠、ごめんなさい。後輩がミスしちゃって今急いで修正してるんだけど。ディナーに間に合いそうにないの」

申し訳なさそうに謝る楓に凍りつく新名。

「せっかく予約してくれたのに、ホテルの部屋には遅くなると思うけど行くから。本当にごめんなさい」

「・・・・」

用意していたバラの花束に目を落とし固まる新名。
返事がない新名に焦りを浮かべる楓。

「誠?」

「わかった、頑張って」

そういって新名は電話を切った。

 

「あれ?先輩なんか今日明るいですね」

笑顔でパソコンのモニターに向かっていたミチは北原に声をかけられた。

「え?」

「何かあったでしょ~~~」
「エヘヘ~。実は昨日旦那が急に花くれたんだよね~」
「・・・・へー・・先輩男性が急にプレゼントくれるって、ちょっと気をつけたほうがいいですよ」

「え!?何?何?何?なんで!?」

青ざめるミチ。

 

「私の経験上ですけど、なにかやましいことがあった時なんですよね~~~~~~~~」

色々思い出した北原は、ドス黒い顔でそう言った。

「あ、でもまああくまで私の経験上ですから」

呆然と口を開け続けるミチだった。

(そうだよね、陽ちゃんに限って・・・ねぇ・・・・)

廊下を歩きながらまださっき言われたことを気にするミチ。

 

「お疲れ様です」
「新名さん!お疲れ様です!」

「・・・なんか今日テンション高いですね」

満面の笑顔で答えたミチに不思議がる。

あなたがしてくれなくても 【第15話】のネタバレ

「えっそうですか?華ちゃんからも言われちゃって・・・」
「・・・旦那さんと何かあったんですか?」
「え!?あー・・・はは・・・・何かあったってほどじゃないんですけど・・・ちょっと嬉しいことがありまして・・」

隠そうとするもミチの顔は依然として笑顔のままだった。

「あ!それよりどうでした?結婚記念日!」

急に顔に影を落とす新名。

 

「・・・・・?」
「・・・ハイ、楽しかったです」

虚ろな目で答える。

「やっぱり!よかったですね~。奥さんきっと喜ばれたでしょうね」
「・・・どうですかね・・・?」

再び顔を下に向け落ち込むと別れの言葉を言って去っていった。

(え・・・?新名さんなんか一瞬寂しそうな顔してなかった?)

会社から出た新名は冴えない顔で歩いていた。

 

(吉野さんうれしそうだったな・・・本当のこと言えなかった・・・)

そして結婚記念日のことを思い出す。

「ごめん遅くなって」

ホテルに着いた楓をドアを開けて出迎える新名。

「ううん・・・」

「わぁキレイね・・・」

ホテルから見える夜景を見て顔が輝く。
しかしため息をつき、仕事のことをボヤく楓。

 

そんな楓を新名は何も言わずに後ろから抱きしめた。

しかし・・体が離れる。

「どうして楓はそうやって避けるの?」

寂しそうに楓の背中に問いかける。

「・・・ごめん、疲れてるの」

「疲れてるのはわかってる。だから俺は精一杯楓に負担をかけないようにやってきた。今日だけでも・・・今だけでも俺のために頑張ることはできない?」

切実な声に振り返る楓。

「わかった」

そういって服を脱ぎ始めた。

「どうぞ。それであなたが満足するなら」

下着姿でベッドに座った楓。

その後ろ姿を見た新名は申し訳ない気持ちになる。

「ごめん・・・」
「私は遊んでるわけじゃない。仕事のことで頭がいっぱいでそんな気になれないの。誠はわかってくれてると思ってた」

そう言って泣き崩れる妻を横から抱きしめる新名だった。

(俺が悪いんだ。楓が大変なのはわかってたのに。でもどうしても男として必要とされている自信が欲しかった)

 

家の前に着く新名。

(楓ご飯いらないって言ってたな、簡単に済ますか・・・入りたくない・・・・一人でいたくない)

そんな矛盾した思いを感じたときふとミチの笑顔が頭によぎった。

そしてその笑顔を思い出し、晴れやかな気持ちになる新名だった。

「フフ~~~ン、よし!」

テーブルにプレゼントでもらった花を飾るミチ。

「!」

「おかえり~」
「た、ただいま」

 

機嫌の良すぎる妻にうろたえる吉野。

「今日カレーだよ。チキンカツもあるよ!もちろんビールも」
「え?マジ?早く食べよ!」

(花一つでこんなに変わるものなのか・・・?)

少し寂しそうな吉野。

「ミチ?」

「ん?」
「ごめん」

驚くミチ。

「え・・・・何が・・・?」
「・・・その今までのこと・・・」

目を見開くミチ。

 

─────ブブブブッ─────

 

「あっ」

自分のスマホが鳴り、手を伸ばすミチ。

が、その手をつかむ吉野。

(え・・・?)

動揺を隠せないミチ。

握っていた手を自分の方へ寄せてミチの口にキスをする。
目を見開くミチ。

そしてそのまま食卓の上に押し倒して抱きしめる。

(陽ちゃん・・・・?)

そのころ新名は、スーツ姿のまま繋がらない携帯を片手に呆然と立ち尽くしていた。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼
U-NEXTで「あなたがしてくれなくても」を無料で読む 

あなたがしてくれなくても【第15話】の感想

花をプレゼントされて満面の笑顔で喜ぶミチ!
めちゃくちゃ可愛かったです!!
そしてキスをされて抱きしめられる展開に!

・・・よかったなぁ~~、と思ったのですが。終始驚きっぱなしで、何か吉野の変化を感じているかんじでしたね。

吉野も三島とのことで心の底から喜ぶことができずに、申し訳なさそうな感じがして・・・
やっぱり一度でも浮気をしてしまうと元の形にはなかなか戻れませんね。

新名は心の拠り所になっていたミチと関係を深めていきたそうでしたが、どうなんでしょうか。
結婚記念日は残念な結果でしたが、どちらの思いも分かるだけに胸が痛くなりました。

新名夫妻の今後の動きに注目していきたいです!

あなたがしてくれなくてもが無料で読める!

大人気の「あなたがしてくれなくても」ですが、単行本と分冊版が電子書籍で配信されています。

単行本は1巻648円(税込)、分冊版は1巻108円(税込)となっています。

どんな感じなのかお試しで読みたいという方であればU-NEXTのサービスがおすすめです!

U-NEXTで今すぐ分冊版が5巻読める

U-NEXTは31日間の無料期間と登録時に600Pがもらえるサービスです。

動画配信として有名なU-NEXTですが、電子書籍の取り扱いも豊富なので「あなたがしてくれなくても」の分冊版を600Pで5巻分も読めてしまうのです。

動画も見放題作品が約8万本もあるので、漫画を楽しんだ後も、残った無料期間で映画・ドラマ・アニメを楽しむことができますよ。

無料期間内に解約すれば一切料金はかかりませんので、是非お試しください!

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼
U-NEXTで「あなたがしてくれなくても」を無料で読む 

最新情報をチェックしよう!