君が僕らを悪魔と呼んだ頃【第1巻】のネタバレ・感想!

「たとえお前が忘れても、俺たちは絶対に忘れない」

そういった友達っだった奴の目が、俺を日常から引きずり落した。

漫画アプリ「マガジンポケット」で人気の「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」のネタバレになります。

アプリでも読めますが、時間がかかるので単行本を無料で読みたい場合はU-NEXTですぐに1巻が無料で読めますよ。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」を無料で読む

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃 第1巻」のあらすじ

斎藤悠介は、高校に入るまでの15年分の記憶を失っていた。

それ以外はごく普通の男子高校生だった。

一緒にバカをやる友達と最高の彼女がいる、平穏な日々を過ごしていた。

しかし、そいつらは突然やってきた。

過去からの復讐者は悠介の日常を奪っていく。

 

バイト先の友人シュウの背中には、大きな火傷の跡があった。

昔、お遊び感覚で熱湯をかけられたらしい。

腹を抱えて笑っていたそいつはまさしく悪魔のような奴だった。

悠介はそれを見たり、話を聞いたりするたびに、かわいそうだと思っていた。

しかし、その日はシュウの口から衝撃的な言葉が飛び出してきた。

 

「お前だよ 斎藤悠介」

 

悠介は殴り飛ばされた。

それでも信じられない悠介は友達じゃなかったのかと言う。

しかし、シュウはさらに怒り狂ったように殴り続けた。

「全部っ!!テメェのしわざだろぉが!」

「この火傷も宮田の骨折も一ノ瀬強姦したのも、アイツを殺したのも」

朦朧とする意識の中、シュウの言葉が耳に残った。

 

「これからオマエは未来永劫過去に復讐され続けるんだ」

 

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃 第1巻」のネタバレ

病院で目が覚めた悠介を母が迎えに来た。

母の話を聞くと、学校では優等生で自慢の息子だったようだ。

一年前の春、入学した直後失踪し、見つかったのは半年後。

家から10キロほど離れたボート乗り場のボートでのんきに眠りこけていたようだ。

もうそんなことは起こしたくないという母を勇気づけるために、気丈にふるまう悠介だったが、今回の件が大分堪えていた。

 

次の日学校に行くと、校門の前にに右の手のひらに大きな穴が開いた男が立っていた。

「君が一生懸命開けてくれた穴じゃないか」

そういう彼に知らないと言って学校の中に逃げ込む悠介。

学校の中でもギャル二人に絡まれる。

自分のことをよく知っている風な女二人は、セックスをしまくった中だという。

知らないと言ってその日は帰ったが、自分の家に穴あき男がいて、悠介は困惑した。

母は昔からの友達として受け入れていたことが、今までのことが冗談じゃないと知らせている。

穴あき男、会澤陽二郎はこう言った。

「君が記憶を取り戻す手助けをしに来たんだ」

ここから本格的に物語は動き出す。

 

悠介は陽二郎の目的が過去の復讐でないことを見抜いた。

陽二郎の真の目的は悠介の失った記憶であると指摘すると、陽二郎はそれを肯定した。

どうやら悠介と陽二郎は、相手の弱みに付け込んで、色々な遊びをしていたようだ。

リンチ、拷問、レイプ。

もし、遊び相手が訴え出ることがあれば、遊び遊びでなくなる。

そうならないためには悠介の保管していた相手の弱みを思い出す必要があるらしい。

乗り気でなかった悠介だったが、家族や恋人、友達を危険にさらすわけにはいかないので、仕方なく協力すると約束した。

陽二郎は、悠介が記憶を取り戻すまでは、悠介を脅威から助けることを約束した。

こうして二人は、契約を結んだ。

 

二人は、悠介が唯一覚えている光景の場所に向かった。

そこは廃校舎で、昔二人で悪いことをしたところだった。

監禁室となっていたトイレ、人体実験ごっこをした理科室、R指定の保健室。

そんなえぐい話が陽二郎からポンポン飛び出してくるが、一向になにも思い出せない。

そんな中猫が一匹悠介の視界にとまる。

すこし、引っかかる所もあったが、何も思い出せなかった。

そして、作戦会議室と称した3年1組の教室。

そこで悠介は人を何度も何度もナイフで切りつけた場所だった。

唯一覚えている光景と合致していた。

しかし、そこで誰に何をしていたかまでは思い出せなかった。

焦れる陽二郎は、別室に偶然来ていたカップルを襲う。

男を手際よくスタンガンで気絶させた後、女を拘束。

手際よく女を脅し、屈服させる陽二郎を見て胸糞悪いと思う悠介だったが、陽二郎から悠介に教えてもらったことだきき、昔の自分が悪魔だったことを思い知る。

そして、悠介に女を犯すように言う。

それで昔の記憶を思い起こさせようという魂胆のようだ。

嫌がる悠介だったが、自分の彼女を襲うと脅されて、仕方なく実行しようとする。

しかし、女の怯える顔を見て思いだしてしまう。

最悪の過去の記憶。

1年前、この部屋で殺した女のことを。

 

今回はここまで。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」を無料で読む

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃 第1巻」の感想

いかがだったでしょうか。

結構恐ろしい内容ですね。

覚えていない過去に復讐されるというのは、なかなかないことだと思います。

気になるのは

・主人公は根っからの悪なのか?

・記憶喪失の原因は?

といった所ですね。

過去にやってきたことに嫌悪感をたびたび示す悠介ですが、恐らく本質は残虐非道な悪魔だと思います。

記憶を失ってころっと人が変わるとは思えませんし。

また、記憶喪失の件ですが、何かの事件のショックから自ら思い出すことを拒絶したように見えます。

皆さんはどう思いますか?

感想をお聞かせください!

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」を無料で読む

君が僕らを悪魔と呼んだ頃の単行本は1巻420円(税別)で配信されています。

【U-NEXTのサービス内容】

・31日間無料
・600P
・動画・雑誌見放題あり
>>U-NEXT公式サイト

【FODのサービス内容】

・Amazonアカウントで1ヶ月無料
・登録時100P、8のつく日に各400P(合計1300P)
・動画・雑誌見放題あり
>>FOD公式サイト

【music.jpのサービス内容】

・30日間無料
・961P+動画1500P付与
>>music.jp公式サイト

おすすめは動画見放題も豊富なU-NEXTです。
ポイント反映も登録時なので、すぐに無料で読むことが可能ですよ!
さらに続きも無料で読みたいとなれば、FODやmusic.jpを利用してみてください!
継続利用した場合はなんともらえるポイントが倍になりますので、お得なサービスですよ。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」を無料で読む

最新情報をチェックしよう!