『先生もネット世代』第3話のネタバレ・感想!

『先生もネット世代』は那多ここね先生の作品です!

自分の女装写真を使われて生徒に手をだされる祐介。

どこまで踏み込むべきか悩む彼はなかなか行動に移せないでいた。

そんなうちにもどんどんと関係を発展させていく小坂。

そしてこの問題に否定的な瀬尾を頼りにしていた祐介だったが・・・・

▼Amazonアカウントで1ヶ月無料&最大1300P▼

FODで「先生もネット世代」を無料で読む

『先生もネット世代』第3話のあらすじ

「ま~~た瀬尾ラブレター!!」

小阪の声が昇降口に響きわたる。

「ちょ、声でけぇ!!」

「入学してから半年間ずっと告られてんじゃん!うらやましい!!」

「素直なのはいいけどまじで声でかい。つか今時ラブレターって・・・・」

「なんで?いいじゃん!今時だからこそだよきっと!俺手紙貰ったらうれしいけどなー」

呆れる瀬尾に嫌味のない明るい笑顔で答える小坂。

 

瀬尾はいつも思っていた。

小坂が自分なんかよりもいいやつなのにモテない。

いつもいいやつ止まりで友達以上に発展しない。

 

そんな小坂が教室で女子と二人きりになっているのを目撃してしまう。

告白だと考えた瀬尾だったが、女子が去っていったあとに小坂が悲しい顔でため息をつくところを見た。

教室の入口に立っていた瀬尾に気づいた途端、明るい笑顔になる小坂。

「あっ瀬尾ーー!ちょうどよかった、今さD組の子がきて」

「はいこれ。瀬尾に渡しといてだって」

そういって瀬尾に小包を渡した。

(小坂の良さに気づかない女子は馬鹿だ)

『先生もネット世代』第3話のネタバレ

「あーあ、これで仲介役10回目。2桁達成!!」

帰り道小坂と帰っていた瀬尾。

普通なら嫌味のひとつでも言うのだが、小坂は明るい笑顔で瀬尾と接している。

「────お・・オレはお前のいいとこに気づいてる・・・女子もいると思ってる」

感情を表にださない瀬尾が恥ずかしながら絞り出した精一杯の言葉。

「・・・・・・・」

「励ましてんだからなんか言えよ・・・・」

「瀬尾はやっぱいいやつだな!だからモテんだろーなー」

「あーあ、でも男に言われてもなぁー」

「・・・だよな」

─────女だったら?─────

 

家に帰った瀬尾は、小坂からのメッセージを見ていた。

それに女の子のアカウントで返信する。

『大丈夫?』

『大丈夫だよ!心配かけてごめんね』

「・・・・やりすぎた」

頭を抱えてベッドに倒れこむ瀬尾だった。

 

次の日、登校してきた小坂はひどく落ち込んでいた。

「どうした!!」

「あのさ・・・女の子が言う大丈夫って大丈夫じゃないよな・・・・」

昨晩のやりとりを友達に見せる小坂。

「心配ないってーー本人もそう言ってんじゃん」

「だいたい付き合ってもないのにさー、あったことない子より会える女の子を好きになったほうがよくない?」

「なっ瀬尾もそう思うだろ?」

「・・・・俺もそう思う」

瀬尾は下を向いて言葉を続ける。

「小坂のことちゃんと見てくれる女子もいるってわかっただけで十分だろ。

ネットなんかキッカケにすぎないし大事なのは結局リアルの方なんだから、もっこっちに目を向けろよ」

「瀬尾・・・・瀬織・・・おい瀬織!!」

夢中になって話し続ける瀬尾は友人の声で我にかえった。

「あいつ全然聞いてねぇ」

結局瀬尾の励ましの言葉も聞かずに、小坂はスマホの画面を見続けていた。

 

「あの子が辛い時は俺が励ましてあげたい」

昼休みに友達と昼食をとっていた小坂は、キラキラとした表情で宣言した。

それにエールを送る友人たち。

その中で瀬尾は顔に影を落として、一人教室を出て行った。

 

「・・・?」

すかさずそれに気が付く小坂が追いかける。

「おい瀬織、俺もトイレ!!」

「じゃねーから」

「黙ってどっか行くの珍しいし・・・俺瀬尾にもいろいろ相談したいんだけど・・・」

「小坂。その話もう聞いてらんねーから一人にさせて」

瀬尾は一度も顔を向けることなく去っていった。

それを瀬尾に嫌われたと受け取った小坂は廊下で立ち尽くしていた。

中庭にきた瀬尾は、ツイスタのアカウントを消そうか悩んでいた。

(あの調子じゃむしろ悲しむだろうな・・・一番傷つけない方法で終わらせないと・・・)

「うわっごめっ!!」

そこに中庭で走り回っていた生徒がぶつかってきて、持っていたスマホを落としてしまう。

 

「おーーいこのスマホ誰のだー?」

そこに通りかかった祐介がスマホをひろい、画面へと顔を向ける。

「おっ、俺のです・・・」

一瞬、緊張した間が空く。

「瀬尾か。気をつけろよ」

「うす・・・」

見られていないと思い冷や汗を拭う。

「なぁ瀬尾、放課後数学準備室に来なさい」

去り際にそう言われ、瀬尾は顔を青くした。

▼Amazonアカウントで1ヶ月無料&最大1300P▼

FODで「先生もネット世代」を無料で読む

『先生もネット世代』第3話の感想

瀬尾の過度な思いやり?でこの問題が発生したことがわかって驚きました!!

始めたのが瀬尾なら終わらせるのも彼しかできないでしょうから勇気を出して欲しいですね。

そんな彼を祐介が手助けしていけるのか。

いよいよ偽アカウントの正体と接触できるようになったのでどんな行動をおこすのか楽しみです。

そして瀬尾の冷たい態度になにか勘違いをしていそうな小坂にも注目したいです!

最新情報をチェックしよう!