電影少女~あい編~【第1巻】のネタバレ・感想!

貴方は、自分の望むことを何でもしてくれる女の子がいたら、何をしてもらいますか?

わたしはエッチなことをしてもらいます。

この漫画の主人公は何をしてもらうのでしょうね。

▼30日間無料&961Pで今すぐ無料で読める▼

music.jpで「電影少女」を無料で読む

広告

「電影少女~あい編~ 第1巻」のあらすじ

弄内洋太は同じ学校の早川もえみに恋をしていた。

しかし、もえみの好きな男が、自分の親友である新舞高志であることを知った洋太は、深いショックを受ける。

そんな時、ビデオショップGOKURAKUに出会い、そこで借りたビデオが洋太の運命を大きく動かす。

なぐめてあげる。

そう書いていたビデオを家で再生してみると、中から女の子が出てきた。

それが洋太とビデオガール天野あいの出会いだった。

洋太ともえみが恋仲になれるように、陰ながら手助けするあいだったが、あいにはビデオガールとしては重大な欠陥があって…

「電影少女~あい編~ 第1巻」のネタバレ

CHAPTER1 :心の距離

洋太は冬休みに入ってしまったことで、もえみに会えなくなってしまい、悶々とした日々を送っていた。

その結果、エッチなもえみの夢を毎日見続ける始末。

バイトの給料で買ったビデオデッキも寝ぼけて落としてしまう。

しかし、この日はもえみのバイト先に直接出向き、遊びに誘おうとする決心をしていた。

雑誌で得た知識をひっさげ勇気を振り絞る。

しかし、足がすくんでもえみのバイト先のカフェの前で

右往左往していたところ、高志に会う。

高志に後押しされ、カフェに入り、もえみに会う。

その時、自分ともえみの心の距離が離れているという事実にくじけかける。

しかし、勇気を振り絞って遊びに誘った所、OKをもらう。

冬のプールで学校の人数人にあってしまい、二人っきりでとはならなかったが、その後の遊園地でいい雰囲気になり、もしかしたら告白できるかもと思いだす。

しかし、ここでもえみが高志のことを好きなことを知ってしまう。

その後、もえみは何気なく高志に告白するのだが、かるく振られてしまう。

高志は冗談だととったようだ。

優しい洋太は自分も傷ついていたが、なによりもえみが傷つけてしまったことに、深く後悔する。

そんな時、ビデオショップGOKURAKUというところで、自分を慰めてくれるというアダルトビデオを借りる。

そして、ビデオを再生すると、テレビから女の子が飛び出してきた。

これが洋太とあいの初めての出会いである。

 

CHAPTER2 なにしようか?

ビデオの説明では、やさしく清楚であると書いていましたが、ビデオが故障していたせいか、性格が男勝りな感じになってしまう。

料理も下手になっており、胸もしぼんでいる。

しかし、まずい料理でもちゃんと食べるところを、洋太のいいところだと言って、認めてくれる。

それが、傷ついた洋太の心を癒してくれる。

あいの存在意義を「洋太をいい男にしてもえみちゃんと付き合えるようにする」こととし、洋太のことを支えると決める。

その再生時間三か月が終わるまで。

広告

CHAPTER3 おっぱい

洋太の妹として、洋太の学校に行くあい。

そこで、あいは高志ともえみにあって、どんな人か確認する。

洋太は、自分が失恋したのにもかかわらず、もえみの高志への恋を応援していることを、馬鹿だと思う。

そんな洋太を、結構好きだと言ってくれるあいのためにも、洋太はもえみをあきらめないと決意する。

 

CHAPTER4 お世話にあっているあの人に

洋太はもえみを家に呼ぶ程度には仲良くなっていた。

手料理をふるまってもらって幸せを感じる洋太。

あいは、実はその日努力して作ったご飯が無駄になったことに、肩を落としていた。

もえみは帰り道、送ってくれているあいに「弄内くんのこと好きになってればよかったのになぁ」という。

あいが帰った時、隠していた自分が作ったご飯をしっかりと食べてくれている洋太のやさしさに、胸を打たれる。

さらにお世話になっている御礼と言って、服をプレゼントする洋太。

ビデオガールは人を愛すことができないはずなのに、締め付けられる胸にあいは困惑していた。

 

CHAPTER5 ヨータがくれた服を着て初めてデートした記念日

その日、洋太のくれた服をきてデートをする二人。

しかし、あいの調子がわるく、途中で倒れてしまう。

壊れたビデオデッキが原因で熱を持ってしまっていたらしく、降り始めた雪でなんとか愛の体調は回復した。

あいは不完全なままテレビから出てきたから、こんなこともあり得るようだ。

 

CHAPTER6~7 告白

いつももえみの恋の相談を受けていた洋太は気がめいっていた。

一緒に遊びに行っても、すきだの三文字がでない自分にも嫌気がさす。

しかし、遊んでいた二人を見た高志が、もえみと洋太がうまくいっていると言ってしまったせいで大きくことが動く。

もえみが高志に直接告白してしまったのだ。

高志は、洋太が恋人としてもえみに接していたわけでなく、相談相手として接していたことを知り、怒りと悲しみを覚える。

洋太も目の前で起きたことにショックを受けて、もえみからの電話も切ってしまう始末だった。

そして、高志はその告白にOKを出した。

広告

CHAPTER8 よみがえる夢

もえみと高志にあっても笑えるかどうかわからなかった洋太は、学校を四日も休んでいた。

あいになぐさめてもらっているが、そのあいもあと二か月で消えてしまうという事実に、深い悲しみを覚える洋太。

その悲しみを、親の影響で始めた絵本作成に精を出すことで忘れようとする。

あいはそんな洋太に、ビデオガールの域を超えた、愛情を感じていた。

しかし、あいが洋太の代わりにイラストボードを買いに行ったときに事が起きる。

ビデオデッキから煙が出だし、あいの身が危ないと洋太はいてもたってもいられなくなる。

 

CHAPTER9 愛のゆくえ

あいを探している途中、洋太は高志ともえみに出会う。

仲良くしている二人に嫉妬を覚えるが、当人たちはぎくしゃくして、あまり楽しそうではなかった。

そして高志には、悔しかったら俺からもえみを取ってみろと言われる。

その言葉を気にしつつ、あいを探す洋太。

路地裏から電気がほとばしり、まさかと思っていってみたが、そこにはあいの姿はなく、代わりに燃えたイラストボードだけがあった。

あいは、あいを作ったという男に回収されたことを洋太は知らない。

 

もえみはその夜、高志と電話で話していた時に、洋太の話ばかりすると指摘され、自分の気持ちが分からなくなっていった。

 

CHAPTER10 消える!

あいは愛情をもってしまっており、ビデオガールとして不良品だと言われた。

しかし、あいがいなくなって一週間たっても、あいを探してくれる洋太のもとにどんな形でもいたいと願う。

あいは条件付きで、洋太の元に居られることになる。

その条件は、洋太を愛してしまったあいにとってとてもつらいものだった。

 

CHAPTER11 ヨータばなれ

洋太をなぐさめられなくなってしまったあいは、かわりに応援するというテーマで洋太のそばにいられることになる。

そのせいで洋太にあまりべたべたできずに、本当に陰ながら応援するということしかできなくなる。

しかし、自分の愛を抑えて洋太をしあわせにすると誓うあい。

それができなければ、あいは消えてしまう定めだから。

 

CHAPTER12 オレの事キライ

最近あいが冷たいことがすこし気になっている洋太。

あいは洋太に近づきすぎないように、電車で痴漢から助けてくれた空山高夫という人物と映画館デートする。

その日、たまたまもえみと一緒に映画館に行く約束をしていた洋太。

それをみた洋太は、高夫が超スケベ野郎であると見抜き、あいにはなれるようにいう。

反論するあいに、オレの事キライになったのかと言って、攻め立てる洋太。

つらく苦しい思いをするが、消えてしまうわけにはいかないあいは、その場から逃げ出す。

 

CHAPTER13 家にて

高夫は、あいを家に連れこみ、キスをしようと画策する。

一方洋太は、あいのことが気になって仕方がなかったが、もえみとのひと時を楽しむ。

もえみは自分がもしかしたら、自分の気持ちが洋太に向いているかもしれないとほのめかす。

 

CHAPTER14 好きだ

キスをされそうになったのを、洋太が気になってよけるあい。

あいは、洋太にやはり冷たく当たり切ることができなかった。

そして、あいが気になりつつも、もえみのただならない雰囲気に目が離せなくなった洋太は、あいとの気持ちのすれ違いを感じていく。

▼30日間無料&961Pで今すぐ無料で読める▼

music.jpで「電影少女」を無料で読む

「電影少女~あい編~ 第1巻」の感想

いかがだったでしょうか。

ボリュームがすごすぎて、細かいところが拾い切れないほどですが、とにかく

あいが可愛いということだけわかればそれでいいと思います。

主人公の洋太がはじめて出てきたあいに手を出さなかったところが、すごいな~と思いました(笑)

それではまた。

最新情報をチェックしよう!