声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【36話】のネタバレ・感想!チヌ帰還。真苗の生い立ち…

漫画「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」は安武わたる先生の作品です。

明治後期、瀬戸内海の伊之島で生まれ育った活発な少女・チヌ。
母はなく、父親と、美しい姉・サヨリとともに暮らしていた。

ある時、父が死に、姉妹は人買いの競りにかけられる。
サヨリは高値で女衒に売られ、チヌは下層遊郭の「須賀屋」へ売られた。

紆余曲折あって、チヌは大店『東陽楼』で『千鳥太夫』として働くことになる。
大地主・若水に気に入られ、妓達の嫉妬を買いいじめに遭うも、次第にそのひたむきさを受け入れられていく。

真苗の策略で密売されることになったチヌ。
若水らはチヌを助けようと港に急ぐも、ひと足遅くレダ号は出発してしまう。
桟橋で呆然とする若水だが…振り向くと泳いできたチヌがいて――!?

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「声なきものの唄」を無料で読む

スポンサードリンク
広告

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【36話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【36話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【36話】のあらすじ

泳いで矢津に帰ってきたチヌは、若水の姿を見るなり、気が緩み失神してしまう。
矢津に戻るまでの経緯はよく覚えてないが…東陽楼のみんなが迎えてくれて、美緒や巴が泣いてくれたような気がした。
それからチヌは2日間、泥のように眠った。

 

その後

若水と後藤田に感謝し、2人のために東陽楼で宴を開いた。

後藤田「わしよりちぃーとばかし若様ンほうが活躍したけん、今回は花ァ若様に持たせちゃるかの」
若水「だけど、結局チヌちゃんは自力で逃げ出したんだ。僕らの出る幕はなかったね」

チヌ「うち1人の力ではねかったです。色々…助けてもろたんです、うちは」

スポンサードリンク
広告

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【36話】のネタバレ

小舟で沖まで運ばれ、
レダ号に乗せられて。

幾度となく男たちの好色な目にさらされながらも、チヌは人目を盗んで太腿のあたりを探った。
吉祥がカミソリを仕込んでおいてくれたのだ。
『これを使って逃げろ』ということだ。

 

なんとかカミソリを手にし、縄を切って。
水夫たちの隙をついて船倉を抜け出し、海に飛び込んだ。
船長はそのさまを見ていたが、面倒ごとを嫌い知らぬフリをした。

 

チヌはジャマな襦袢を脱ぎ捨て、港の灯りを頼りに泳いだ。
大丈夫。初めて客を取らされて、島に帰ろうとして海に飛び込んだ時とは違う。
しかし…遊郭なんかに帰りたくて必死な女なんて、日本中探しても自分くらいではないだろうか。
そう思うと少し可笑しかった。

 

兎にも角にも、チヌは東陽楼の皆を思いながら泳ぎ、息も絶え絶えに桟橋に辿り着いた。
そこで若水の姿を見て、安堵とともに意識が途絶え、今に至る。

 

チヌが寝込んでいる間も色々あった。
西海楼の女郎たちが反乱を起こし、警察に駆け込んだ。
外国の手前クリーンな宣伝をしていた行政は、慌てて西海楼に罰則を課した。
そして女郎たちは東陽楼を訪問し、楼主が怖くて黙っていたことを詫びたという。

 

チヌ「マァ坊様は…どないされるんやろか」
若水「室伏弁護士に連れられて東京へ戻る手筈だよ。今日の船で」

藤富「…その辻堂真苗ですが…
わしゃずっと『どっかで見たカオ』や思うとったんですが、ようやっと思い出しましたわ。
ありゃ20数年前、うちにおった『花袖太夫』のカオや…!」

チヌ「ほな、マァ坊様の母親は東陽楼のお職やったと…!?」
巴「まさかそいで、うちん見世を目の敵にしたんやろか…」

 

――

 

真苗は瀬戸内で生まれ育った。
母は優しくて美しかった。
父はとても偉くて仕事が忙しいらしく、なかなか家に帰ってこなかった。

真苗が10歳の頃、母が亡くなった。
父は姿を見せず、使いの者が真苗を迎えに来た。
真苗は母のなきがらを置いたまま家を連れ出され…2度と戻れなかった。

 

真苗「ここ…?」
使いの者「お父様のお屋敷ですよ」

この人は何を言ってるのだろう。
お父さんのお家はあっちだ。
それにお母さんのお葬式をしないと。

兎にも角にも、豪奢な扉を開くと――

真苗「お父さん!!」

口ひげを蓄えた紳士。無表情な貴婦人。
冷たい目をした夫婦が真苗少年を捉えた。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「声なきものの唄」を無料で読む

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【36話】の感想

どう収束するのかはなんとなく分かってたんですが、こうして実際に見ると安心しますね!

自分を痛めつけた相手さえ気にかけ向き合おうとするのが、チヌの魅力ですね。
HUNTER×HUNTERのゴンやキン肉マンのような、すがすがしい温かさを感じます。

真苗ェ…あれだけ歪むのも理由があったのね。
衰弱していく母親と、「お母さん、お母さん」と泣く幼い真苗の姿は胸が締め付けられました。

次回は真苗の生い立ちが明らかになるのでしょうか?
(それに、このまま大人しく東京に帰るとも思えないのですが…)

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【36話】」のネタバレを紹介しました。

最新版は「ストーリーな女たちvol.42」で読むことができますが、分冊版や単行本も配信されています。

実際に絵も交えて読むとなお面白い作品なので、是非、下記の記事で紹介している無料で好きな漫画を読む方法からお試しください!

サービスの内容を細かく紹介しています。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「声なきものの唄」を無料で読む

最新情報をチェックしよう!