BookLive!とブッコミの違いとは?お得に利用するための情報満載!

本は書店で購入するより、気軽に購入できる電子書籍を使用するという方も増えているようですね。

そんな中Amazonkindleやebookjapanなど大手サイトをはじめ、たくさんのサイトがありどこで購入するのがお得なのか、どんな品揃えなのかよくわからず電子書籍に手を出せていないという方も多いのではないでしょうか。

今回は電子書籍サイトの中でも国内最大級の蔵書数を誇る「BookLive!」についてご紹介していますので、是非最後までご覧になってください!

BookLive!とは

凸版印刷グループの株式会社BookLive!が運営する電子書籍サイトです。

TUTAYA・東芝・日本電気・三井物産の出資を受け国内最大級の電子書籍ストアとして運営しており、漫画をはじめ小説や専門書などあらゆるジャンルの電子書籍が豊富にそろっているサイトです。

>>BookLive!公式ページ

ブッコミとの違い

まずブッコミ(BookLive!コミック)とは、BookLive!社が運営する電子コミックサービスです。

ブッコミとBookLive!は同じ会社が運営しているというだけで別サービスなのでいろいろと異なる部分はあるのですが、大きく異なる点は「配信コンテンツ・課金形式・読み方」です。

配信コンテンツの違い

BookLive!は各ジャンル幅広い書籍を取り扱っており蔵書数国内最大級ですが、ブッコミ(BookLive!コミック)は名前の通りコミックに特化したサイトです。

ブッコミで読める漫画は少年・青年漫画、少女・女性漫画をはじめ、TL・BL漫画やアダルト漫画などのいろんなジャンルの漫画を読むことができます。

BookLive!のように小説や専門書は読むことができないので、その点を注意しましょう。

課金形式の違い

BookLive! 読んだ分だけ、その都度支払い
BookLive!コミック  月額制。ポイントが不足時は追加購入

BookLive!にも月額制は導入されていますが、都度払いで一冊ごと購入することも可能です。

ですがブッコミの場合は月額制のみで、登録するコースによってはボーナスポイントがもらえたりと、たくさん漫画を読む人向けに嬉しいサービスもあります。

読み方の違い

ブラウザ アプリ
BookLive!
BookLive!コミック ×

2019年2月現在BookLive!コミックはブラウザのみでの閲覧となっており、アプリは配信しておりません。

アプリのインストールが必要なく作品を購入してすぐに読むことができるのは一つの利点ですが、購入した作品のデータをダウンロードすることができないのでオフラインで漫画を読むことができなかったり回線によってはページの表示に時間がかかってしまうこともあります。

以上を踏まえ2つのサイトを比較してみましたが、電子書籍サイトを初めて使うという方には月額料金も発生せず無料登録で始められ、いろんなジャンルの書籍を読むことが可能な「BookLive!」の方が手軽に始めることができるんじゃないかと思います。

>>BookLive!公式ページ

BookLive!の幅広いジャンルの品揃え

BookLive!は幅広いジャンルの書籍を取り扱っているのが特徴で、2019年2月現在、その数なんと79万冊以上の品揃え!

この取り扱い数の多さは、電子書籍業界トップクラスといって間違いないでしょう。

ebookjapanをはじめRenta!など、電子書籍の中でも漫画に特化しているようなサイトは多く見られるのですが、BookLive!のように専門書含む各ジャンルが幅広く揃っているというのはいろんな層に嬉しいサイトですよね。

ですが業界トップクラス、79万冊と聞いてもピンとこない方も多いかと思いますので大手他サイトと比較してみました。

BookLive! 79万冊~
コミックシーモア 54万冊~
ebookjapan 61万冊~
楽天Kobo 62万冊~
U-NEXT  32万冊~

※楽天Koboにつきましては洋書を含めない数字となっております。

このように他サイトと比較するとBookLive!の79万冊という圧倒的な蔵書数に驚きますよね。

そんなBookLive!ではどのようなジャンルを扱っているのか調べてみました。

取り扱いジャンルと冊数とラインナップ

少年・青年漫画 653,061冊
少女・女性漫画 33,112冊
ラノベ 10,271冊
小説・文芸 72,958冊
趣味・実用 111,773冊
雑誌・写真集 5,276冊
TL 18,195冊
BL  27,675冊

・少年、青年漫画
キングダム・約束のネバーランド・盾の勇者の成り上がり など

・少女、女性漫画
はじめて恋をして日に読む本・きのう何食べた? など

このように各ジャンル豊富な冊数のラインナップとなっており、その中でも冊数の多かった漫画からランキング上位の人気作品を並べさせていただきました。

BookLive!の料金・ポイントについて

サービス名 無料期間と無料ポイント
FOD 1ヶ月間/最大1300P
U-NEXT 31日間/600P
music.jp 30日間/961P
ebookjapan なし/300P
BookLive!  なし/50%OFFクーポン

他サイトと比較してみると、お試し期間があったりポイントももらえるFODやU-NEXTがいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、電子書籍の他に映画やアニメも楽しみたい方はそちらでもいいかもしれません。

ですがポイント付与までに時間がかかったり、書籍数が少なかったりするのでそれぞれ一長一短といった感じです。

支払い方法はこのように各種クレジットカードをはじめ携帯会社の決済サービスや電子マネーまでいろいろな方法を使用することが可能です。

その他にもいろんな支払い方があるのですが、三省堂書店店頭決済サービスではBookLive!で販売している書籍を店頭で支払い・購入ですることができるサービスとなっております。

現金で直接支払いすることができるので、Web上での金銭のやり取りが不安な方など、安心して使用することができる嬉しいサービスですよね。

ポイントについて

BookLive!ではポイントサービスも実施しており、1ポイント1円で最大200,000ポイントまで貯蓄することができ、貯まったポイントを使用して書籍を購入することも可能です。

月額支払いプランではボーナスポイントの付与もあり、たくさん本を読まれる方にはとてもお得となっていますよ。

また、BookLive!では「サンクスプレミアムクラブ」という会員ランク制度があり、前月の購入金額に応じてTポイントが付与される仕組みとなっております。

最大で3%の付与と、買えば買うほどポイントの付与率が上がるので、Tポイントカードの愛用者には嬉しいシステムですよね!

新規会員登録で50%OFFクーポンをプレゼントしており、読みたい本をさらにお得に読むことができて嬉しいですね。

会員登録というのも、無料のメール会員なので、簡単に登録することができます。

BookLive!の対応デバイス・アプリについて

BookLive!ではパソコンやスマホのブラウザで電子書籍を読めるだけではなく、無料のアプリをインストールすることでもっと手軽に電子書籍を楽しむことができます。

家にいる時はパソコンやタブレットを使用して大画面で楽しむこともできますし、移動時間などはスマホで人目を気にすることもなく本が読めて便利ですよ!

使用する端末間で本棚やしおりの同期が可能なので、閲覧する端末が変わってもちゃんと途中から読み進めることができるので安心です。

アプリはAppStoreやGoogleplayから無料でダウンロードすることができ、本棚の整理やアプリ通知でお気に入りの本の新刊情報をゲットすることもできるようになります。

使用する端末によって多少差が出るかとも思いますが、iPhoneでアプリを使用し漫画を閲覧してみました。

とても高画質で見やすいですよね。

BookLive!アプリをダウンロードし、はじめてアプリにログインするとBookLive!で使える100円分のポイントがもらえちゃいます!

アプリにも購入できるストアがあるので、アプリから新しく書籍を購入することも可能です。

買った書籍はダウンロードをしておけばオフラインでも読むことができるので、電波が入りにくい場所や飛行機での移動時など、気軽に本を読むことができるのでブラウザ版だけでなくアプリもおすすめですよ。

Macのパソコンはアプリが非対応でして、ブラウザ版のみ使用可能となっております。ご注意ください。

無料で読める本について

BookLive!では一冊まるごと無料で読める本が常時配信されております。

もちろん全巻無料で読めるわけではないのですが、アニメ化・ドラマ化された有名作品をはじめ多くの人気作品を読むことができます。

無料で読める作品は、漫画をはじめ小説や写真集、雑誌などありとあらゆるジャンルのものが存在します。

無料作品は毎週追加されていくので、どんどん新しい本を無料で読めちゃうのは嬉しいポイントです!

いろんなジャンルの作品が読める中、今回は無料で読める漫画をピックアップしてみました。

【無料で読める漫画】

NARUTO/転生したらスライムだった件/遊戯王/ゴールデンカムイ/はた
らく細胞/宇宙兄弟/進撃の巨人2/四月は君の嘘/パーフェクトワールド
/君に届け/花より男子 …etc

まだまだたくさんの無料作品はありますが、このように有名な作品も多くありました。

無料漫画を読むためには月額費用など一切かからず、無料のメールアドレス登録をするだけで読めるようになるので、どんなサイトか試しに使ってみたいなという方にもまずは無料漫画を使ってみるのをおすすめします。

>>BookLive!公式ページ

BookLive!オリジナルレーベル「NINO」について

マンガレーベル「NINO」とは、BookLive!が漫画は電子で読むという新しい読者のニーズにより一層応えるべく、ネットカルチャーを重視したマンガ作りを目指して立ち上げられてレーベルです。

現在「NINO」レーベル作品はBookLive!ストア内の漫画無料連載をはじめ、無料漫画アプリ「マンガDASH」と「マンガきゅんと」にて無料で閲覧することができます。

その中でもBookLive!では先行配信されており、他のサイトより早く閲覧することが可能です。

また、BookLive!にはマンガレーベルNINOの他にも、TLレーベルの「KATTS」とBLレーベルの「シガリロ」もあります。

独自のレーベルが3つもあるとは、さすが大手電子書籍サイトのBookLive!ですね。

新刊オート購入について

BookLive!には漫画と雑誌を対象に「新刊オート購入」という機能があります。

こちらの機能を使用するためには、予約購入作品支払い用のクレジットカードを登録しなければ使用することはできないのですが、とても便利な機能なのでご紹介いたします。

自分の好きな作品を「新刊オート購入」に登録しておくと発売日に自動で購入され、本棚に追加されます。

毎巻購入しているような作品や、毎月購入している雑誌を登録しておけば購入する手間がなくなり買い忘れ防止にもなって便利です。

新刊オート機能で登録した作品も発売前であれば解除することもできるので、間違って登録してしまった場合などでも安心ですよ。

まとめ

数多くある電子書籍サイトの中から今回はBookLive!についてご紹介いたしました。

普段使用しているポイントカードやWebマネーも使用できお得にポイントを貯めることもできるのも嬉しいですよね。

国内最大級の蔵書数を誇るBookLive!、漫画も小説も雑誌も豊富に揃っているのできっとお気に入りの作品が見つかるんではないでしょうか。

月額料金も発生せず無料で読むことができる作品も多くあるので、今まで電子書籍は使ったことがない方も、新規登録で50%OFFクーポンがもらえるこの機会に是非BookLive!で電子書籍デビューしてみてください!

>>BookLive!公式ページ

最新情報をチェックしよう!