【漫画】リセット-囚われの全身整形-第1話・第2話のネタバレ・感想

「リセット」を読みました。

生まれながらに不細工な女の子モエコは不細工ゆえに幼い頃から家族からの阻害や学校でのいじめに苦しめられます。

そんなモエコが大人になり人生をリセットするチャンスがやってきて――?

どんな展開になるのか気になるお話でした。

まずはCase1~2のまとめ・ネタバレをします!

>>リセット【Case3〜4】はこちら

リセット-囚われの全身整形-が無料で読める!

music.jpというサービスで無料期間と無料ポイントを使って今すぐ読めちゃいます。

・30日間無料
・961P+動画1500P

公式サービスなのに確実に無料で読めるので、是非お試しください!

>>music.jp公式サイト

リセット【Case.1】のあらすじ・ネタバレ

私は醜い。

鏡を見なくても分かっている。

家族の中でもとりわけ醜く生まれたモエコは、親からも親族の悪いところばかり集めた顔をしているとか、誰に似たのだろう?などと言われたり、兄弟にはモエコに似なくてよかったと言われるほどの容姿でした。

そんなモエコは勿論通っている学校でも笑いの標的になってしまいます。

小学生は容赦がなく、学校に行けば、ブサイクで有名なお笑い芸人をさしてそっくりな奴がテレビに出ていたと揶揄われる毎日でした。

何もしなくても絡まれるそんな毎日。

しかし、そんなモエコに優しくしてくれる同級生もいました。

 

“イジメてるアンタたちのがよっぽどキモイわよ!”そうはっきりと男子たちに言い、自分をその場からひっぱり出してくれる子。

クラスでもひときわ可愛い女の子・ナナでした。

しかし、モエコは男子の言うことも理解できるので怒る気はしませんでした。

長年の周りからの目で自分がブサイクであることは自覚していて小学生ですでに卑屈になっていたモエコは、ナナの助けを素直に受け取ることが出来ません。

ブサイクは本当だからと諦めたように言うモエコに“モエコちゃん可愛いよ”というナナの言葉はモエコには嘘を吐かれているようにしか感じないのでした。

そんなブサイクな自分を見たくなくて、モエコは鏡が大嫌いでした。

 

ある日、ナナが、モエコに可愛いヘアピンをくれました。

お母さんが買ってきてくれたけれど、ピンクは好みじゃないから使わないのだと。

モエコはいつも黒や青の地味色しか身に付けてないからといってヘアピンを鏡の前で付けてくれました。

女の子なんだからもっとおしゃれした方が良いと言い残して去っていくナナ。

こんなの似合うわけないと思いながらも少しワクワクするモエコでしたが、教室へ戻るとそのヘアピンがナナがつけていたものとお揃いであることにクラスメイトが気づきます。

そうして、盗んだんじゃないかと疑いの目を向けられるのでした。

リセット【Case.2】のあらすじ・ネタバレ

盗みの疑いをもたれてしまい、慌てて取ったのではなくもらったのだと答えるモエコ。

そんなモエコに同級生はまさかそういうの自分で似合ってるとか思ってないよね?と嘲ります。

そして、ヘアピンをくれたナナは同じものをブサイクなモエコに付けさせて自分の方が可愛いと言われたいだけなのだと、モエコに教えました。

モエコはヘアピンを髪から外すとそのまま握りつぶしてしまいました。

自分の気持ちなんて誰にも分らない――。

 

そんなある日、ナナが通り魔に襲われました。

可愛い顔に大きな傷。ナイフで顔を襲われたナナは目の下から口元にかけての大きな傷ができてしまい、傷跡が残ってしまうのは間違いないということでした。

その後彼女が笑う姿も、鏡の前に立つ姿も見なくなります。

周りの子がナナに同情する中、モエコは彼女に同情ができませんでした。

綺麗なあの子が醜くなったからといって、自分が綺麗に変わるわけではなく、私が醜くて誰にも好かれないのは変わらないのだから。

ずっと鏡が嫌いなのも変わらない。

 

そのまま大人になったモエコはある企業の派遣社員として働いていました。

相変わらずブサイクなままのモエコはこの会社でもバカにされる毎日を送っていました。

残業をよくするモエコ略して「ザンモ」というあだ名で呼ばれています。

 

ある日残業も終わり、家に帰ろうとしていたモエコ。

目の前にジュースが差し出され驚きます。見れば超イケメンの営業・飯島でした。

いつも他の人の仕事を引き受けて残業しててえらいと褒めてくれる飯島。

素敵な笑顔で笑いかけられてもその笑顔から逃げるようにそそくさと退社してしまいます。

優しくしてもらえてもいつも人にバカにされて嫌われている自分には居心地が悪いだけでした。

 

事務の派遣の仕事後はコンビニへ行ってアルバイトでWワーク。

何故こんなに必死で働いているかというと、顔はお金で変えられることを知ったからでした。

早くお金をためて顔を変えて誰も自分を知らないところに行きたい。

その一心で仕事をするモエコなのでした。

>>リセット【Case3〜4】はこちら

▼30日間無料&961P+動画1500P▼

music.jpで「リセット」を無料で読む

リセット【Case.1~Case.2】の感想

美人には到底わからない劣等感に苛まれながら幼いころから育ってきたモエコ。

私はこのモエコの気持ちが痛いほどわかります…!

ただ、周りの人達はこんなにイヤミな人ばかりじゃなかったので私はモエコのように極限な卑屈人間にはならなくて済んでいますが。

顔は生まれながらのもので変えることが出来ないのにそれを理由にイジメるなんて本当に最低で読んでてイライラしました!

綺麗になって人生を楽しみたいと思っているモエコですが、果たしてできるのでしょうか…続きが気になります!

最新情報をチェックしよう!