沖田×華|不浄を拭うひと【第1話】のネタバレ・感想!特殊清掃と山田

『不浄を拭うひと』は沖田×華先生の作品です。

山田正人、39歳。

彼が脱サラしてはじめたのは、孤独死などの変死体があった屋内外などの原状回復をサポートする「特殊清掃」の仕事だった。

彼は、さまざまな状態で死を迎えた人びとの「生活の跡」を消しながら、故人の生前のくらしに思いをはせる……。

>>不浄を拭うひと【第2話】はこちら!

不浄を拭うひと【第1話】のあらすじ

山田正人39歳。

一児の父。

大学を卒業しサラリーマンとなり、ごくごく普通の人生を送っていました。

 

しかしそんな彼は今なぜだか、特殊清掃の会社に勤めています。

 

 

依頼があったそうで、スマホが鳴ります。

部屋の状況や、3日ほどで出来ると打ち合わせを始めます。

 

この仕事を始めて半年。

山田が担当するのは、遺品整理とゴミ屋敷の清掃です。

そして、亡くなった人の部屋を現状復帰させる「特殊清掃」という仕事も請け負っています。

なので、遺体が発見され、警察への通報・検死が終わり、遺体回収が終わった後現場に出向く形です。

 

亡くなる方で一番多いのは50代以上の一人暮らしの男性。

今回の依頼も、60代男性が単身者用アパートで亡くなったとのことで、アパートの大家さんが依頼主でした。

 

 

現場に到着し大家さんに話を聞くことに・・・

大家さんも亡くなった男性を最近見かけないとは思っていたんだそうです。

先週、ほかの住民から臭いという苦情が出はじめ、警察に通報することになったんだとのことでした。

警察によると、死因は病死ですが亡くなってから一ヶ月はたっているということで、部屋の状態はおおよそ予想がつきました。

不浄を拭うひと【第1話】のネタバレ

山田は、感染症予防のためにまずは自分を消毒してから、状況確認のために部屋の中へと入っていきます。

扉を開くと、何匹ものハエが飛び交っています。

部屋へ入ろうとした時、何ものかに肩を掴まれるような感覚に陥り、中へ入ることが出来ません。

大家さんのもとに戻り「この部屋って亡くなられた人ひとりじゃないですよね?」と訊ねます。

大家さんはとても不思議な様子です。

けれど、一昨年も一人亡くなったんだと教えてくれました。

 

山田はこの仕事をしてから霊感体質になってしまっていたのです。

思い返してみれば、子どもの頃から霊感体質はありました。

けれど20代に入ってパッタリとその体質は消えてしまっていたので、この特殊清掃の仕事に就いたのです。

 

けれど、いつものように現場に向かったある日。

ゴミ屋敷化した1Rのマンションで孤独死した女性の部屋。

その部屋にはなぜかグランドピアノが置いてあり、彼女はどうやらその下のスペースで寝ていたんだそうです。

死後二ケ月で近所からの通報で発見、病死とのことでした。

 

遺体があった場所はシミとなり、女性のいた場所がはっきりと分かるほどです。

綺麗にするのが大変そうだと思いながら、片付けていると、床にカツラが転がっているのを見つけます。

不思議に思っていると、付き添いできていた先輩の石橋さんが「あー警察が忘れていったかー、仕方ないからソレもいれちゃおう」とゴミ袋を広げました。

 

石橋さんによると、人間というのは亡くなって三日目には腐敗し始め、だいたい一ヶ月が経つ頃には、髪の毛が頭皮ごとはがれていって、髪の毛だけ残るんだそうです。

 

山田(じゃ・・・コレ本物の・・・亡くなった方の頭皮・・・・・・)

 

けれど、ビビっていてはいけない!はやく片付けないと!と髪の毛を手に取ります。

乾燥した頭皮がつぶれながらこすれる異様な感触は、一生忘れられません。

 

その後、掃除を進めるうちに同じ弾性との写真がたくさん出てきました。

しかし彼女は独身だと聞いています。

亡くなる時、一体どんな気持ちでここに寝ていたのだろうと思うと、なんだか気の毒にすら感じられてきます。

気が付けば、亡くなった彼女のことをずっと思いながら作業をしていました。

 

そしてその日の夜中――

カサカサという聞き慣れない音で目が覚めるのでした。

>>不浄を拭うひと【第2話】はこちら!

不浄を拭うひと【第1話】の感想

サラリーマンをしていた山田が、特殊清掃の仕事をするようになった経緯が気になります。

ただ、昔から霊感があり、この仕事を始めたことによって、霊感が再び蘇ってしまいました。

この仕事をするうえでなかなか大変な体質だと思われますが・・・

しばらく落ち着いていた彼の霊感体質を呼び戻したのは、ある一人の孤独死した独身女性の部屋を片付けした日のことだったようです。

一体、夜中に目を覚ました山田が見たものとは・・・

最新情報をチェックしよう!