醜い私があなたになるまで【4話】のネタバレ・感想!顔面に火傷を負った夢子…

漫画「醜い私があなたになるまで」は前田アラン先生の作品です。

ブスでさえないOL・瀬川夢子は、一念発起して、憧れのアパレル店員AYAの店で働くことになる。
しかしAYAはかつてのいじめっ子・堀川絢だった。

ぎこちないながらもお客様目線の丁寧な接客で支持される夢子。
AYAは夢子の業績を妬み、あの手この手のパワハラで夢子を攻撃する。

ある日、夢子は同じフロアで働くイケメン店員・向井からアプローチを受けた。
初めての彼氏に舞い上がり身も心も捧げてしまう夢子だが…

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「醜い私があなたになるまで」を無料で読む

広告

醜い私があなたになるまで【4話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

醜い私があなたになるまで【4話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

醜い私があなたになるまで【4話】のあらすじ

動画を見た夢子はトイレに駆け込み、嘔吐した。

なんでAYAと向井が一緒にいるの?
なんで裸で抱き合っているの?
さっきまで私といたのに。
向井と付き合っているのは自分なのに…

向井にラインを送っても既読もつかない。
そればかりか、メッセージを送り続けたらブロックされてしまった。
夢子はまんじりともせず夜を明かした…が、それでも仕事に行かなくてはならない。

夢子(行って確かめなくちゃ。AYAがどういうつもりなのか)

広告

醜い私があなたになるまで【4話】のネタバレ

翌日

夢子はAYAとスタッフルームに引き込み、向井のことについて問い詰めた。
AYAは夢子に取り合わず帳簿チェックをして、金額が合わないと言って夢子に疑いの目を向ける。

 

AYA「あっれー…夢子昨日、締めだったよね?
昨日の入金額と今朝の売上速報…8万もマイナスってどういうこと?」

 

陰険な笑みを浮かべ、夢子を泥棒扱いするAYA。

 

夢子「いい加減にしてください!そんな非常識なこと…あなたじゃあるまいし!」

 

悲しみ・怒りに慟哭する夢子。
AYAに憧れて入社したのに、そのAYAが嫌がらせばかりしてくるなんて。
人の恋人を奪っておいて、人を泥棒扱いだなんて。

 

夢子「向井さんはっ、私の、初めての彼氏だったのに!」

 

それを聞いたAYAは腹を抱え心底おかしそうに笑った。

 

AYA「超ウケんだけど…彼氏ィ!?あんなクズ男に身も心も捧げちゃいましたって!?」

 

AYAの種明かしを聞いて夢子は愕然した。

向井はAYAの手下だったのだ。
店を荒らしたのも彼。
夢子をたぶらかしたのも、AYAの指示でしたこと。
向井はAYAの言うことなら何でもこなすのだ。
なぜって、AYAにホレているから。

絶望した夢子を見て愉悦の笑みを浮かべるAYA。
更には夢子を突き飛ばして、ハイヒールで踏みつけ、口汚く罵った。

 

AYA「てめーのモンなんて最初から何一つねぇんだよ!
身の程知りなよ、底辺の雑巾がアタシみたいになれるわけねーんだよ」

夢子(――なんで。なんで。なんでなんでなんで、なんで…!)

 

怒りのあまり我を忘れ、AYAに躍りかかる夢子。
夢子にケトルを投げつけ迎え撃つAYA。
ケトルからこぼれた熱湯を浴びて――夢子の絶叫が響く。

 

AYA「みんな大変!夢ちーお湯被っちゃったのぉ!」

 

それまで固唾をのんで傍聴していた三浦と森崎が部屋に入ると…
そこには顔面を抑えのたうち回る夢子と、心配そうな(演技をしている)AYAの姿があった。

皆が救護班を読んだりタオルを捜したりする中、AYAは夢子にしか聞こえないよう囁く。

 

AYA「もともとブスだったのが、ますますブサイクになっちゃったね。
そんな顔じゃもう、人前には立てないねえ…♡」

 

――

 

その晩AYAは、臨時収入で買った8万円のコートをSNSに投稿した。
話題性は上々。いいねは3000に届きそうだ。

店のお金を抜いたのはAYAだった。
ちょっとレジを操作すれば入出金をちょろまかすなんて簡単だ。

あのときの夢子の絶望顔を思い出すと笑いがこみ上げる。
生意気にも調子に乗って注目を集めていたようだが…それももうオシマイ。

AYA「バイバイ夢子。いいオモチャだったわ」

 

――

 

2週間後

夢子の顔は元に戻らなかった。
皮膚移植するほどではないが思ったより火傷が重く、右額に痕が残ってしまった。

夢子「…大丈夫、もともと失うものなんてない」

それでも、夢子は諦めていなかった。

火傷痕はコンシーラーで消せばいい。
奥二重の三白眼も、骨ばった輪郭も、メイクや髪型でカバーできる。

虚勢でいいから胸を張って自己肯定すればいい。
そしたら周りの見る目は変わる――これもAYAから学んだことだ。

夢子(私は絶対に逃げない。あの女に真正面から立ち向かってやる)

 

――

 

勇治「最近、店の売上落ちてないか?AYA」

半裸ででタバコを吹かしながら、勇治が言った。

勇治「瀬川くんがいなくなったからじゃないのか?」
AYA「は?関係ないってば、店の商品に問題あんじゃねぇの!?新作ダサいのばっか!あいつが辞めたところで1ミリも影響ないわよ」
勇治「辞めた?彼女休職してるけど…復帰するって連絡来てるぞ」

 

ちょうど勇治のスマホに通知が入った。

 

『お世話になります。このたび復帰をさせていただくことになりました。
つきましては近々お店にご挨拶に伺いたく思います。
あと個人的にですが、お店のためになればと思い、SNSのアカウントも作成しております。
よかったら見てください』

 

夢子は、まだ諦めていない。
彼女のフォロワーは既に万を超えており、その中にはAYAが知っている者もいた。

AYAは夢子に対して憎悪を感じた。
例えて言うなら、叩き潰したゴキブリが足をピクピクさせてもがいてるような。
そういう時はティッシュでグルグル巻きにしてビニール袋に入れて、確実に息の根を止めるまで踏みつけてやるのだ。

AYA(来れるもんなら来てみなさいよ。もう一度笑いものにして晒し上げて、2度と人前に出れないようにしてやるから)

 

――

 

夢子は久方ぶりに店へ向かった。

すらりとした体に洒落た服を纏って。
ヒールを鳴らして。髪をなびかせて。
その凛とした佇まいに誰もが振り返る。

店ではAYAが接客をしていた。
夢子はAYAの冷たい視線を受け止めながら、自身に満ちた笑顔で応えた。

 

夢子「――ご迷惑をおかけしました。またよろしくお願いします、AYAさん」

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「醜い私があなたになるまで」を無料で読む

醜い私があなたになるまで【4話】の感想

女性の顔に熱湯とか…ひどすぎる。
「もともと失うものなんてない」と言ってコンシーラーで火傷を隠し、更にメイクを上達させる夢子が悲しくもあり、逞しくもあり…

しかし、AYAは気持ち悪い女ですね~…
イジメでもしないと精神の均衡を保てない何かがあるんでしょうか?
そんなに見下してるブスと〇姉妹とか…嫌じゃないの?
等々、AYAの考え方はちょっと理解できそうもないです。

そして毅然としてAYAに立ち向かおうとする夢子ですが…間違ってもAYAと同じ人種には堕ちてほしくないです。
夢子の謙虚さや優しさを理解し、応援してくれたお客さんや森崎さんを大切にしてほしいですね。

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「醜い私があなたになるまで【4話】」のネタバレを紹介しました。

最新版は「ストーリーな女たちvol.42」で読むことができますが、分冊版も配信されています。

実際に絵も交えて読むとなお面白い作品なので、是非、下記の記事で紹介している無料で好きな漫画を読む方法からお試しください!

サービスの内容を細かく紹介しています。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「醜い私があなたになるまで」を無料で読む

最新情報をチェックしよう!