ミラー・ツインズ【第3話】のネタバレ・感想!生きていた勇吾の暴走が止まらない…!

「ミラー・ツインズ」は「仮面ライダーエグゼイド」や「エイトレンジャー」の脚本で知られる高橋悠也氏と、「サングリアル」で知られる寺山マル先生がタッグを組んだ期待の新連載です。

全く同じ顔、同じDNAを持った双子の人生をめぐるツイン・サイコサスペンスです。

主人公は、警視庁の刑事 葛城圭吾 30歳。しかし彼には20年前に誘拐され行方のわからない勇吾という双子の兄がいた。

兄を連れ去った犯人を捕まえることを人生の目標としていた圭吾だったが、ある日事件が起きその事件をキッカケに圭吾は勇吾が生きているのではないかと疑念を抱き始める。

果たして勇吾は生きているのか、そして双子の運命は…

ミラー・ツインズは2019年3月29日に単行本第1巻が発売予定となっています!

単行本発売後はU-NEXTで同日に配信予定となるので、無料で読めますよ!

雑誌では「月刊!スピリッツ」にて掲載されているので、月刊!スピリッツから無料で読みたい方は下記の記事を参考にしてみてください!

>>「ミラー・ツインズ」を無料で読む方法

ミラー・ツインズ【第3話】のあらすじ

第三話は勇吾が里美と出会った時の回想で始まります。

20年前、誘拐され、連れていかれた先にいたのは里美でした。

「-何、読んでるの?」

「逃亡劇!主人公が悪いことして妹のリミが庇って、兄弟で警察から逃げるの!」

「里美(リミ)?サトミじゃないの?」

「あ、そっか!百一回目はそう読んでみる。-ねえ。この本みたいに、私達も逃げる?」

夢から覚める勇吾。

誘拐犯から共に逃げ自分といることに後悔をしていないか、と聞く勇吾に「勇吾がいなければ今の私はいない。勇吾は私のすべてだから。」と答える里美。

その後勇吾は葛城家に侵入し、何か仕掛けを施しその場を後にしたのだった。

 

その頃、現場にあった毛髪と圭吾のDNAが一致したことから田島殺人の重要参考人の疑いをかけられた圭吾は、自分の身の潔白を証明しようと必死に上司の赤城(あかぎ)に当時の状況を説明するが「生きているか死んでいるかもしれないお前の双子の兄と、今、目の前にいるお前ーどっちのほうが犯人の可能性が高いと思う?」
と一向に信じてもらえない。

 

圭吾の殺人容疑がかけられている現場の病院に赴き、調査をする皆川(みながわ)。

そこで呼び出した鑑識官 坪井(つぼい)に一卵性双子児は同じDNAを持つことを告げられる。

「でも、同じDNAを持っていても違うところがあります。指紋です。」

「指紋…それなら…」

「ありませんでしたよ。ただ…妙なことがあるんです。」

「妙なこと?」

「人為的に外されたというこの人工呼吸器になかったんです。葛城刑事の指紋が…」

病院から戻った皆川は、圭吾が無実だということを証明するため今回の事件を自分の管轄にするよう上司の久能(くのう)に頼む。

 

事件の担当を引き継ぎ、取り調べを受けている圭吾のもとに向かう皆川。

「圭吾…お前はどうしたいんだ?」

「ーどうしたいも何も…答えは…ひとつです…どんな事実でもそれを突き止めたい。それがー刑事としての使命です!」

と焦る圭吾に対し「捜査が打ち切りになっても、例えお前が捜査から外されてもー俺たちは刑事だ」と慰める。

警視庁に戻った赤城のもとに差出人不明の封筒が届く。

ミラー・ツインズ【第3話】のネタバレ

差出人不明の封筒の中身には「田島を殺した犯人を知っている」と書いてある紙と葛城家の写真が入っていた。

田島の事件はマスコミにまだ公開していないことから赤城は差出人は事件の関係者であると予想し、葛城の家に家宅捜索へ向かう。

赤城が家に到着し、発見したものは血の付いたハンカチだった。

「これはーー血!?このハンカチを鑑識に回せ!付着した血液が田島のものと一致した場合、本件の被疑者として葛城の逮捕状を請求する!」

 

家宅捜索が入ったことを共に確認する里美と勇吾。

葛城家から盗んできた金を渡す勇吾だが、里美はそれを受け取らない。

「は?いずれ圭吾のものになる金だろ?」

「圭吾に罪を着せるだけで十分じゃない…」

「罪を着せたんじゃない。これは…事実だ。たまたま俺だっただけだ。あの日…誘拐されたのが圭吾だったら俺と同じ道を歩んでいた。それを再現してやってるだけだ。お前も…わかってるだろ?あいつの本性を。」と圭吾への復讐心を新たにする勇吾。

 

自分への逮捕状が出たことを告げられ、その場から逃げ去る圭吾。

20年前、勇吾が誘拐された時も車の中から助けを求められていたのにも関わらず彼は同じように逃げ去っていた。

「20年前のあの日ー俺は自分の運命から逃げた…そして今、俺はまた逃げようとしていた…だけどこの疑いは自分の手で晴らしてみせるー!!」と圭吾は勇吾に着せられた罪を自らの手で無実だと証明することを決心する。

雑誌で読みたい方は下記の記事をご覧ください!

>>「ミラー・ツインズ」を雑誌から無料で読む方法

▼3月29日から単行本第1巻が発売!▼

U-NEXTで「ミラー・ツインズ」を無料で読む

ミラー・ツインズ【第3話】の感想

また大きく展開がありましたね!!

まさか里美と勇吾が同じ誘拐犯のもとから逃げていたとは…衝撃的なつながりでした。

圭吾を犯人にしたがる勇吾には一体何の恨みがあるのでしょうか?勇吾が連れ去られた時に逃げた以外にも理由がありそうですよね!

圭吾を犯人にしたがる赤城にも何か思惑があるのか、圭吾は無実の罪を証明できるのか、、、伏線がたくさんありそうで今後の展開が楽しみです!

最新情報をチェックしよう!