ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と-【第5話・6話】のネタバレ・感想!

「ブスにはブスのやり方がある―整形と復讐と―」を読みました。

天才整形外科医の手によって美人に生まれ変わった愛美は中学生時代にいじめてきた女の子グループに復讐することに。

前回♯4では新婚で臨月の杏の旦那を誘惑し、家庭を崩壊させた愛美ですが、今回は…気になる続き♯5~6まとめ・ネタバレをします!

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める▼

U-NEXTで「ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と-」を無料で読む

ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と-【♯5 昔の話】

部屋でボーっとテレビを見ている愛美。

そうしていると過去のあれこれが記憶の底から蘇ってきます。

愛美には人並みに生活できるだけの“顔”がありませんでした。

かつて中学生時代、愛美を呼び出す男というのは、告白でもなんでもなく、単なる罰ゲームのためのものでしかありませんでした。

サッカー部へ連れてこられた愛美は、ほかの男たちが見守る中、男子の罰ゲームのためのキスのターゲットになりました。

目の前には罰ゲーム対象の男子。

「キース!キース!」とはやしたてる外野を背に迫ってくる男子。

しかし、直前になって男子は抵抗する愛美の顔を見て口を押えてやっぱりできないと言って崩れ落ちます。

“こんなブスとキスするくらいなら死んだ方がましだ”

この顔のせいで愛美は男子からも女子からも酷いいじめを受けました。

ファーストキスも初体験もいじめの一環だったのです。

 

あの同級生たちに出会って以来、心の奥底に閉じ込めていた記憶がよみがえってくる愛美。

遡った一番古い記憶――幼稚園の頃からすでに仲間外れは始まっていました。

だから物心つくころにはもう自分が他の子と違うことを感じていました。

小学生になってからは本格的ないじめが始まり、女子からは精神的な苦痛、男子からは肉体的な苦痛を受けていました。

そうして決まってみんな愛美の事を“ブス”と呼びました。

そんなことは愛美自身嫌という程分かっていました。

 

でも、たった一人でもいいから「そんなことないよ」と言って欲しかったけれど――

家に帰って父親にたずねても不憫そうな顔で愛美を抱きしめてくるだけでした。

写真でしか知らない母親はやはり私と同じ“ブス”だったのです。

年ごろになりどんどんおしゃれをして可愛くなっていく周りの女子たちのように愛美も可愛くなりたいといくら頑張っても鏡に映るのはどうしようもない顔で…

アルバムを開きブスな赤ちゃんを幸せそうに抱きしめている母親の写真を見ながら、どうしてこんなブスな赤ちゃんが生まれて幸せそうなのか、どうしてそんなにブスなのに幸せそうなのか…

私はこんなに辛いのに…怒りをぶつけたくてもその母親に怒りをぶつけることすらできない愛美でした。

ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と-【♯6 資産家との奇妙な出会い】

中学校を卒業して、高校にはいかず中卒で働くことにした愛美。

求人を見て採用面接に行っても落とされる毎日。

社会に出ても周りの反応は学生時代と変わりませんでした。

それでも引きこもりだけにはなりたくなくて、あちこち探してようやく深夜の新聞配達の仕事を見つけます。

キツい仕事でしたが、愛美にとっては好都合でした。ジャージに帽子、そして日も登らない深夜の仕事。

夜の闇が違和感なく愛美の顔を隠してくれます。

空いた時間で内職と家事をして少しでも父親の助けになるようにと働いた愛美。

 

そんな生活を10年間続けました。

父との会話はほとんどなかったけれど、愛美のすることに反対することはなかったし、そんな愛美のことを一番理解してくれていたのが父親でした。

青春も家族団らんもなかったけれど、愛美にとっては穏やかで満たされた時間でした。

なのに…仕事中父親が交通事故を起こし死んでしまいます。

そうして愛美は一人になってしまいました。

もう自分が生きていても誰も傍にいないし、誰にも必要とされない、たとえ死んだって悲しむ人もいない。

生きることを諦めた愛美は死に場所を求めて家を出ました。

せめて死に方くらいは美しくありたい、と誰にも迷惑をかけず見つからずに消えられる場所をもとめてバスに乗ります。

自殺の名所で有名な岬。波が激しく死体も上がらない。

 

お父さんとお母さんのところへ…。

崖から飛び降りようとした愛美ですが、太陽の明るい光に優しく包まれ愛美は思いとどまりました。

そうして引き返した先にあったのは――

見たこともない豪邸でした。

そうして、その豪邸の掲示板には“特殊家政婦”と書いた求人募集の張り紙が。

容姿不当で月給100万円というあやしすぎる内容でしたが、どうせ死ぬ気でいたんだし何をされてもかまわない、という思いで好奇心の赴くままインターホンを押してみることにしました。

中から出て来たのは、執事のようなスーツに身を包んだ初老の男性。

案内されるまま部屋に入るとそこには車いすに座りサングラスをかけた男性が。

愛美が自己紹介をするやいなや“美しい”と言い即採用してくれた車いすの男性。

それが死ぬつもりだった愛美を救ってくれた上に愛美の人生を大きく変えた白川優との出会いでした。

 

窓を眺めながら、そんなことを考えていると渡瀬が部屋に入ってきました。

前回の後始末が終了した報告と次のターゲットの確認です。

次のターゲットは“佐原可音(さはらかのん)”

会社員の夫、4歳の息子の3人家族。

子供がいることを知り、渡瀬は面白くなりそうだと呟くのでした。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める▼

U-NEXTで「ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と-」を無料で読む

ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と-【♯5~6感想】

愛美の過去が語られる回でした。

ブスは母親譲りだったのですね…

容姿は自分で変えるにも限度がありますので周りがそれを理由にいじめをするのが一番の問題だと思います。

普通に幸せになりたいと思っているだけなのにそれが叶わなかった愛美が出会った資産家の優は目が見えないだけに見かけに惑わされることなく愛美の内面を評価してくれるんだと思うと嬉しくなります!

次回はまた復讐が始まりそうです。

次のターゲットは子持ちの可音。

いったいどういう復讐になるのか…続きが気になります!

 

最新情報をチェックしよう!