ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と- 【第7話・8話】のネタバレ・感想!

「ブスにはブスのやり方がある―整形と復讐と―」を読みました。

天才整形外科医の手によって美人に生まれ変わった愛美は中学生時代にいじめてきた女の子グループに復讐することに。

前回♯6では愛美の過去の話でした。

ブサイクと言われ続けた人生、父の死、そして優との出会い。

辛い人生を送って来た愛美の復讐はまだまだ続きます。♯7~8話のまとめ・ネタバレをします!

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める▼

U-NEXTで「ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と-」を無料で読む

ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と-【♯7 性格の悪い佐原可音】

可音は学生時代からの友人のお見舞いに病院に来ていました。

カフェの店員に頭から熱いコーヒーをかけられ大やけどを負った沙羅。

他の友人にも声をかけてみましたが、臨月でお見舞いは無理だと断られたり、婚約者の仕事の関係で海外に来ていると言われたりで結局一人で来ることになったのでした。

病室に入ると、顔に包帯を巻いた沙羅に出迎えられました。かつての面影がありません。

沙羅はこんな顔にされてもうSNSも更新できないし、いい感じだった弁護士からはミイラ呼ばわりをされて死んだ方がましだと泣き崩れるのでした。

 

その後病室を後にした可音は、カフェに入って休憩をすることに。

コーヒーを飲んでひと心地着くと、さっきの沙羅の様子を思い出して知らず知らず笑いがこぼれてしまいました。

男をステータスで品定めしていた女が「外見」を失った。そんな沙羅にはもう価値はないのです。

家に戻ると、母親が家にやってきて母親が杏が離婚をしたらしいという話を教えてくれました。

結婚式あげたばかりで子供も生まれるというのに、と驚く可音に、どうやら杏の様子もおかしいらしいから、今度実家に来る時にでも声かけてあげるよう言われたのでした。

 

三か月後――

杏に連絡を何度かしたもののラインは既読にはなりません。

他の友人も杏に連絡しても返信がないって言っていたことを思い出す可音。

そもそもヤンキーに公務員の嫁なんて務まるわけない、酒、タバコ、ギャンブルがやめられなくて捨てられたってところだろうとたかをくくった可音は杏の実家に向かいます。

杏の実家のドアの前でインターホンを押すと、中から杏の声が聞こえてきました。実家にいるらしいという話は本当だったのです。

楽しそうに子供に散歩に行こうと誘う声をきいて、子供が生まれた報告もしてこなかった杏に腹が立ってきました。

 

しかし、そんな怒りもドアが開いて中から出て来た案を見た瞬間、一瞬で消えてしまいます。

中から出て来た案は面影もないほど痩せこけ、ベビーカーには人形を乗せて出て来たからです。

楽しそうに人形を自分の子供だと紹介する杏に気圧されて言葉がでない可音。

そんな杏の後に続いて出て来た杏の母親に話を聞きました。

杏は出産間近に浮気されたショックで早産してしまい、子供は無事だったけれど心を壊してしまったというのです。

そんな杏を残して逃げるように旦那は離婚をして離れていったのですが、それを受け入れられない杏は妄想の中で今も家族三人幸せに暮らしているということでした。

杏の母親の腕には本当の子供が抱かれていました。

見事な不幸のフルコースに呆れかえる可音ですが、考えなしにデキ婚なんかするからだと自業自得にしか思えないのでした。

 

帰りの駅のホームで痴漢の容疑をかけられたブサイクな男が一生懸命無実を訴えている場面に出会います。

その姿を見て可音は思わずかつての愛美を思い出してしまいドキッとします。

…最悪、あの時のことを思い出すなんて…

そう思う可音でした。

ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と-【♯8 性格の悪い佐原可音(2)】

中学生の頃の可音は生徒会役員で勉強ができることが自慢でした。

ブスの愛美をイジメることを楽しいとはとても思うことができませんでした。

そんなある日、中間テストの結果を見て愕然とします。

1位だと思っていた可音が1位の座を明け渡してしまっていたのです。しかも愛美に…!

成績だけが可音の唯一の取り柄だったのに、それをまさかこんなブスに抜かれてしまうなんてプライドが許しません。

怒りで震える可音に、心美が「次のテストはただ勝つだけじゃダメよね…?」とささやいてきました。

その言葉で自分の場所を絶対に渡さないという意思が燃え立ちます。

 

三か月後のテスト――。

マークシート式のテストが開かれました。

愛美の前の席は可音、後ろの席は沙羅。準備は万端です。

テストを受けている最中、沙羅はカンニングをして愛美の回答を盗み見ます。

その回答をラインで可音に送る沙羅。

沙羅はその回答通りに答案を埋めていきました。

沙羅と杏と同類のカンニングするような人間になったと思うだけで腹立たしい可音。

その怒りを愛美にぶつけるのでした。

 

テスト結果発表の日。

クラスに1位が2人いました。

勿論愛美と可音です。

先生にほめられている最中、可音は先生に異議を申し立てました。

愛美はカンニングをしていたと証言したのです。

回答が全部同じはずだという可音の言う通り二人の回答は全く同じでした。

あたりまえです。

後ろから沙羅がカンニングしたものを可音が書いたのですから。

しかし、そんなことは口に出さず、愛美がカンニングしたから回答が同じなのだと言う可音。

どんなに愛美がカンニングをしていないと言ったところで、生徒会役員をする可音の信用の方が高く、愛美の言葉を信じる人はだれ一人としていませんでした。

 

痴漢容疑をかけられて必死に無実を訴える男の様子を見て、可音はその時泣いてカンニングを否定する愛美を思い出してしまったのでした。

それは可音の人生最大の汚点。

それを振り切るように息子の保育園へお迎えに向かいました。

子供と一緒に保育園から帰る可音を車の中から眺める愛美。

そうして、横断歩道を渡ろうと歩き始めた可音の息子が横断歩道の中頃に来たところで、愛美は車のアクセルを思いきり踏み込みました。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める▼

U-NEXTで「ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と-」を無料で読む

ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と-【♯7~8感想】

まさか子供を殺してしまうなんて…!

復讐したい気持ちはわかりますがさすがに子供を殺すのはやりすぎです!!

どうにか思いとどまってくれることを祈ります…

子供がどうなるのか、どんな復讐が待っているのか続きが気になります!!

最新情報をチェックしよう!