漫画|酔うと化け物になる父がつらい【第1話~第2話】ネタバレ・感想!

「酔うと化け物になる父がつらい」を読みました。

マリ、父、母、そして妹。4人家族の平凡な構成の家族でしたが、普通と違うのは、父親が酒に弱く飲んだら性格が変わってしまうこと。

そして母親は宗教にはまっていたこと。

マリのは父親に振り回される人生を送っていました。

どんな展開になるのか気になるお話でした。

まずは第1話~2話のまとめ・ネタバレをします!

>>酔うと化け物になる父がつらい【第3話〜第4話】はこちら!

「酔うと化け物になる父がつらい」の分冊版が無料で読める!

U-NEXTというサービスを利用すれば、今すぐに無料で読むことが可能です。

・31日間無料
・登録時600P
・1巻あたり194円

公式サービスですし、見放題の動画もありますので、是非お試しください!

>>U-NEXT公式サイト

単行本で購入したい方はFODmusic.jpのサービスもご確認ください!

酔うと化け物になる父がつらいあらすじ

夜寝ているとめちゃくちゃに顔をなでられて起こされる。それがマリの人生最初の記憶でした。

次の記憶はお花見。大声でがなる父親を必死で止めるマリ。

マリの思い出の父はいつも酔っていました。

マリ、父、母、妹。普通の家族構成でしたが、普通と違ったのは父親が酒に弱かったことと、母親が宗教にはまっていたことでした。

父親は酒が弱いけれど酒が大好きで休日は必ず友人を家に呼んで麻雀をして家族団らんはありませんでした。

麻雀をしながら酒を飲み、翌日マリ達としていたプールへ行く約束は守られることがありませんでした。

母親は責めるマリを窘めるだけで父親には何も言わず、一緒に勤行をして機嫌を直すように言ってきます。

母親は毎日勤行を朝30分、夜1時間あげるのが日課でしたが、マリは近所に聞こえるのが恥ずかしくて勤行に付き合うことはありませんでした。

酔うと化け物になる父がつらい【第1話】ネタバレ

素面の父は無口でおとなしく、これみよがしの母のため息にも無視しかできない小心者なのに、飲めばそのかけらも消え失せてしまいます。

そんな父親とけんかをする母。二人の様子を見ていられずマリは目をそらし続け絵を描いては空想の世界に逃げていました。

母親が泣いているのも気付かないふりをして。

 

そんな生活がマリが中2になるまで続きました。

母親はどんどん追い詰められ、父親はますます酒に弱く飲酒運転の挙句車を燃やす始末。

そうして母親は父親が車で事故した日。

家を出ていってしまいました。

 

置手紙を見て家族が騒然としているところに母親からの電話が入ります。

必死で戻ってきて欲しいと懇願するマリ。その言葉に母親は何もなかったかのように翌日戻ってきました。

母親が自分たちを捨てるわけない。嫌なことはあるけれど一緒に我慢しよう、だって家族なんだから。

 

そうして元の暮らしが戻ってきて数か月後――。

母親は首を吊って死んだ。

マリは捨てられてしまったのでした。

酔うと化け物になる父がつらい【第2話】ネタバレ

母親が帰らぬ人になってしまい、マリは後悔します。

酒におぼれる父親から守ってあげなかったから、自分が逃げたから母親は死んだ。

お葬式で近所の夫婦が神妙な顔つきで挨拶にくるのにも腹が立ちます。

 

マリの家を居酒屋代わりとしか考えてないようなことを言っていたのを覚えていたのです。

罵声を浴びせて号泣したい気持ちを抑えて当たり障りなく返事をするマリ。

親が自殺したから子の頭がおかしくなったと母親を悪者にしたくない一心でした。

父親は何も言うことはありませんでした。

 

マリは父親に自分のしたことをどう思っているのか聞いてみたいと思いましたが、家では母親のことは禁句のようになってしまいました。

母親の死以降、父親は飲まずに帰るようになりました。マリと妹で一緒に作ったご飯を食べながらテレビを見て過ごす団らん。

一見平和に見えていましたがマリには不満がありました。

それは父親が自分たちに無関心なことです。進路の相談をしても「好きにしなさい」と言ったっきりプロ野球中継に熱中する父親。

自分のことよりプロ野球が好きなのか…そう不満に思ってもそれを口に出して言えません。

 

働いて育ててくれてるし、お酒も麻雀もやめてくれた。

自分が怒ることで残った家族も壊れてしまうことが怖かったのです。

父親が飲まない生活というのはそのくらいマリにとっては奇跡のようなことでした。

 

――しかし、そんな生活も一か月も続かなかったんですが…

 

飲んだくれて玄関先で倒れ込む父親を妹と二人で布団に運ぶ毎日が始まりました。

マリに父親がアル中である認識はなく、だからこそ酒を飲んで言葉も心も通じない化け物のような父親対処方法がわからず困り果てます。

そうしてモヤモヤを抱えたままマリは自力で手続きもすませ高校に進学しました。

 

そこでマリは最悪の誤魔化し方を身に付けてしまいます。

それは、学校にいる目立つグループの子に父親の話で盛り上がり話すことが出来たのがきっかけでした。

マリの父親の行動が面白いというその友達の言葉でマリは自分自身を誤魔化し始めます。

父親は面白いのだと――。

>>酔うと化け物になる父がつらい【第3話〜第4話】はこちら!

 

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで今すぐ「酔うと化け物になる父がつらいあらすじ」を無料で読む

酔うと化け物になる父がつらい感想

素面がおとなしい人の方がお酒を飲むと人が変わるという話は良く聞きます。マリのお父さんも典型的なそのタイプですね。

周りにどんなに迷惑をかけていてもお酒をやめることが出来ないのか、迷惑をかけていることすら気づいていないのか。

とにかくマリが可哀想でしかたありません。

思春期の大切な時期にこんな生活をしていたらどういう大人になっていくのか心配になってしまいます…はなして、自分自身を誤魔化し始めたマリはこの後どうなってしまうのか…続きが気になります!

最新情報をチェックしよう!