【漫画】リセット-囚われの全身整形-第9話のネタバレ・感想!

「リセット~囚われの全身整形~」の第9話を読みましたのでネタバレを紹介します。

高橋ユキ先生の作品です。
夫の暴力に悩んだモエコに瑠生は「外見はよくても心はドス黒く歪んでいる」と。

その言葉に“ちがう”と心の中で繰り返すモエコ。
モエコの運命は⁉

>>リセット【第10話】のネタバレはこちら!

リセット-囚われの全身整形-が無料で読める!

music.jpというサービスで無料期間と無料ポイントを使って今すぐ読めちゃいます。

・30日間無料
・961P+動画1500P

公式サービスなのに確実に無料で読めるので、是非お試しください!

>>music.jp公式サイト

リセット【Case.9】のあらすじ

瑠生に言われた言葉に“私はちがう”と何度も思うアリサ。

「アリサこれはなんだ。
なんで避妊薬飲んでるんだ。おまえ俺との子どもがほしくないのか。
どうなんだよ、え⁉」

アリサは夫に避妊薬を投げられ、声を荒げて理由を聞かれた。

「……」

黙り込むアリサに夫は彼女の髪をぐいっと掴んでさらに声を荒げた。

「なんとかいえよ!」
「あなたの子どもがほしくないわけじゃない。

ただ生まれた子が私に似てしまったらって…」
自分の顔が嫌いなモトコは素直に言ったが…

―バシッ

「ふざけんな!前はちがうこといってたじゃねぇかアリサ!
生まれる子が俺に似るのがイヤだって」

アリサは頬を叩かれた。叩かれた頬を抑えながら彼女はいった。

「ちがう。私はそんなこといってな…」

―ガッ

「だまれ。俺に逆らうんじゃねぇ!!」

アリサは今度は抑えていない方の頬を殴られた。
夫の暴力は続いた。

リセット【Case.9】のネタバレ

“なにかが崩れてゆく”

アリサは鏡を見ながら思った。鏡に映るアリサの顔は、とても綺麗とは言えない腫れた顔をしている。

「俺をみろよ、アリサ。鏡ばっかみえんじゃねぇよー」

夫の手にはバールを持っている。そしてそのままアリサがみていた鏡めがけて振り下ろした。

 

―ガシャアン

 

アリサに馬乗りになって、夫は彼女をまた殴り始めた。

“なにかが狂ってゆく”

アリサは顔を庇うようにして思っていた。

 

「どうだ?被験者 田浦モエコの様子は」
「良好とはいえないわ。特に心が。どうして?如月、どうしてまたアリサを蘇らせようとしたの?」

如月と瑠生はモエコについて話していた。

「本物のアリサは遺体が原型を留めないくらい体中暴行の跡があった。モエコをまたアリサと同様にDV夫の餌食にしたかったの?」

瑠生は本物のアリサの亡くなった状態を如月に伝えた。
如月は彼女を見ずに答える。

「我々は主人と被験者の改善までは関知しない。ただよくも悪くもリセットされた人間が、どんな影響や変化があるかしりたいだけだ」

「冷酷ね」
「情でこんな仕事できるわけないだろう。どうにも君はロマンチストすぎるな、瑠生」

淡々と話す如月はやっと瑠生の方を向いた。

 

そんな如月に瑠生は少し切なそうな顔をした。

「私は人間と外見が変わっても、そう簡単に中身まで変わるとは思えないけどな」

“鏡なんかみなくてもわかってる”

暴力を一通り終えた夫は泣いていた。

「アリサ俺を許してくれ。誰よりも愛してるんだ君を。だからもう自殺なんてしないでくれ」

座っているアリサに夫は泣きながら頭を下げてお願いしている。
アリサの顔はひどく腫れている。

「…自殺なんてしないわ。だってそんなことができるなら、もうとっくにしているもの」

アリサは割れた鏡の欠片を手に取り、夫に向っていった。

“みにくくゆがんだ私の姿が―”

>>リセット【第10話】のネタバレはこちら!

▼30日間無料&961P+動画1500P▼

music.jpで「リセット」を無料で読む

リセット【Case.9】の感想

夫の子供を産みたくないって言ったのは、本物のアリサなんでしょう。

DVしてくる男の子供なんていらないって思います。
そして本物のアリサはDVに耐え切れず自殺してたんですね。

モエコは姿が変わっても、中身を変えることができなかった…悲しいですね。
結局また、刑務所いきになるのでしょうから。

人間は簡単に見た目を変えられても、中身までは簡単には変えられないことが、分かる内容でしたね。

最新情報をチェックしよう!