覗く女【第1話】のネタバレ・感想!~あんたたちの裏の顔を覗いて破滅させてやる!!~

漫画「覗く女」は甲斐今日子先生の作品です。

小笠原晴海はバリバリのキャリアウーマンで、友達いない歴25年のおひとりさま女子。
スマホデビューを機に後輩女子社員たちのライングループに仲間入りしSNSの楽しさにのめり込んでいくが…
その一方で『ライン乗っ取り』『ネットストーキング』など、ネットの闇に恐怖を覚えるようになる。

かわいい部下たちを守ってあげなくちゃ!
…そう思った矢先、晴海はなりすまし裏アカの被害に遭う。

「そっちがその気なら、あんたたちの裏の顔を覗いて…破滅させてやる!!」

ネット社会を舞台に女の戦いが始まる――!

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「ストーリーな女たちブラック」を無料で読む

広告

覗く女【第1話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

覗く女【第1話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

覗く女【第1話】のあらすじ

小笠原晴海(35)はバリバリのキャリアウーマンだ。
小学4年生の頃にクラスメイトたちにハブられて以来、友達いない歴25年目…
そんな彼女は主任として後輩4人を従え、忙しいながらも充実した毎日を送っている。

バーコードハゲの部長は今日も口うるさい。
あの子たちも不満が溜まってるはず。
ここは先輩である私が、飲みにケーションでストレスを発散させてあげなくちゃ!

 

――

 

晴海「さ~みんな頼んで頼んで!今日はぜ~んぶ私の奢りよ!」
真理奈・静香・温子・菜々美「………」

 

おかしいな。イマイチ盛り上がらない。
2カ月前から全員の予定をすり合わせてやっと開いた飲み会なのに…

場を盛り上げようとハイテンションで喋りまくる晴海。
温子はモクモクと食べ、菜々美は時計をチラチラ。

真理奈と静香はスマホをポチポチ。
『1人で喋ってる』『帰りたい』『生産性がないとはこのこと』
と、ラインで晴海をバカにしていた。

 

ふと晴海は、スマホデビューしたことを思い出した。

 

晴海「ねぇみんな、私スマホデビューしたんだけど…使い方わからなくて。教えてくれないかな?」
真理奈「え~!先輩ついにスマホにしたんですか!?」
静香「どの機種!?見せてくださ~い~」

 

後輩たちはとたんに食いつき、SNSの設定までしてくれた。

 

真理奈「これでラインもツイッターもインスタもOK!」
静香「ラインはここの5人を繋げときました!」
温子「よかったですね晴海主任」
菜々美「主任のライン楽しみにしてます」

 

後輩たちの注目を集め、ライングループにも仲間入り。
これがすべての始まりだった――

広告

覗く女【第1話】のネタバレ

晴海はラインの楽しさにどっぷりハマった。
業務中にもスマホを触り、部長にイヤミを言われるほどに。

南沢「小笠原主任。本日の業務完了しましたので、お先に失礼します」

そうこうしている間に『時短の南沢』が業務を終えて帰宅していく。
彼女は礼儀正しく、勤務時間3時間ながら仕事もデキる…取っつきにくいのが玉に瑕だ。

 

――

 

晴海はネット検索にもハマリ、アプリの勉強にも余念がなかった。
いつも通り自宅でネットサーフィンをしていると…身の毛もよだつキーワードを見つけた。

『ライン乗っ取り』
『ネットストーキング』
『いいね!にハマる怖さ』

何コレ!?スマホってこんな恐ろしい面もあるの…!?

晴海はネット社会の暗黒面に慄いた。
あの子たちに何かあったら大変だ!
いつでも守ってあげられるように、自分が知識をつけなくちゃ!!

 

――

晴海「ねぇ…私、スマホで分からないことがあるんだけど」
真理奈「なんですか?私でよければ」
晴海「ちょっと真理奈の画面見せてくれる?」
真理奈「い…いいですよ」

晴海は操作を教わるふりをして、真奈美のスマホにあやしいアプリを仕込んだ。
決して悪意からではない。かわいい後輩を脅威から守ってあげたかったのだ。

 

その晩、マンションに帰宅すると信じられない光景があった。
晴海の部屋の前で見知らぬ男たちが行列を作っていた。

「あ!帰ってきたぞ!
「いいから早くヤラせて!」
「あれ?思ったよりババアじゃね?」
「ババアでもいいからヤラせろ!」

 

晴海は恐怖し、警察に通報した。
散り散りに逃げていく男を1人捕まえて問い詰めると、驚愕の事実が発覚。

 

男「これってあんたが書いたんじゃねぇのかよ…?」

男のスマホには信じられないものが写っていた。

 

『晴海独身OL@harumi_ol
晴海で~す☆今すぐ男欲しい!何人でもOK!
お家の前で待っててね♪住所は○○区××町…』

 

晴海はこんな投稿をした覚えがない。
いわゆる『なりすまし裏アカ』というやつだ。

一体誰が…!?困った晴海は、後輩たちに相談することにした。

 

真理奈『怖~い!誰がそんな事を?』
静香『あり得ない』
温子『主任が美人だから妬みみたいな?』
菜々美『とにかくヒドイです』

 

4人から温かい言葉をかけられて、晴海は得も言われぬ幸福感を覚えた。
弱みを見せたことで絆が深まった…!少しずつ仲間になってるって感じ?

晴海『みんなありがとう!自分で何とかするね、心配かけてゴメン!てへぺろ☆』

 

――

 

翌日、晴海は1人で残業していた。
ふと真理奈のデスクに目を向けると、ポーチが忘れられていた。
真理奈はいま上がったばかりだ。急いで追いかければ間に合う。

真奈美の喜ぶ顔を思い浮かべながら追いかける晴海だが…

 

真理奈「クモミのライン見た?」
静香「見た見た!『てへぺろ☆』だって、終わってる~」

 

『クモミ』って『晴海』のあだ名?ってことは、私の陰口!?

 

静香「裏アカうまくいったね。わざわざ報告してくれてありがとうって感じ」
真理奈「うちらがやったとも知らずに相談とかあり得ないから。他に友達いないのかよ!」
静香「だよねマジ笑った~次はどうする?」
真理奈「KYな上司持つとストレス溜まるよね。あースッキリした」

晴海(そんな…!あの2人が私を…!?)

 

晴海は小学生時代のトラウマを思い出した。
クラスメイトの交換日記を見てしまったときの悲しみが胸に蘇った。

『晴海ってウザイよね』
『行動がダサ~ウケる(笑)』
『あいつのことハブろーよ』
『さんせ~』

 

友達気分でいたのは自分だけ…これではあの時と同じだ。
ただみんなと仲良くなりたいだけなのに、どうして…?

 

晴海はパソコンに向かい、真理奈のラインを覗いた。

 

真理奈『今度はクモミの裏アカに超Hな画像流すってどう?』
静香『それウケるw』

 

ここ数日で晴海はスマホマスターと言っていいほどの知識を会得した。
だからミーティングの時、一瞬で真理奈のスマホにアプリを入れることができたのだ。

 

晴海「でもそれは…怖い時代だからこそ部下たちを脅威から守ってあげようと思って仕込んだのに…」

――そっちがその気なら、あんたたちの裏の顔を覗いて…破滅させてやる!!!

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「ストーリーな女たちブラック」を無料で読む

覗く女【第1話】の感想

率直に言うと、主任も部下もどっちもどっちだなーと思いました。
晴海のような「ワタシはアナタたちが好きなんだから、ワタシと仲良くなってよ!」という下心アリアリ、しかも相手の立場を考えない一方的な好意は見るに堪えないものがありますからね。

いくら晴海がウザイからって真理奈と静香はゲスすぎ。
陰口を叩き、裏アカで晴海の人生を破滅させようとする姿は「地獄に落ちればいいのに!!」と思ってしまいます。

さて、スパイアプリを仕込まれた真理奈が晴海のターゲットとなりましたが…
真理奈はどんな裏の顔を持っていて、どんな制裁を受けるのでしょうか?
期待の新作、次回も目が離せませんね!

まとめ

以上、「覗く女【第1話】】」のネタバレを紹介しました。

「ストーリーな女たちブラックvol.23」で連載されたばかりの新作です!
実際に絵も交えて読むとなお面白い作品なので、是非、下記の記事で紹介している無料で好きな漫画を読む方法からお試しください!

サービスの内容を細かく紹介しています。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「ストーリーな女たちブラック」を無料で読む

最新情報をチェックしよう!