婚活戦線~狩れ、そして磨け~【第2話】のネタバレ・感想!

「婚活戦線~狩れ、そして磨け~」第2話を読みましたのでネタバレを紹介します。

原作・鎌田れい先生、絵画・悠木灯先生の作品です。

結婚を前提につき合いだした・ようこと康太。

仲良くなっているときに、康太のスマホに・里美の文字が。

「妹」と言った康太はスマホを裏返した。

その行動に考えるようこだった。

「婚活戦線」はめちゃコミの独占先行配信となっているため、2019年4月現在では、他電子書籍サービスでは配信されていませんでした。

ですが、同じレーベルで独占先行配信の「RISKY」や「恋愛不感症」などがU-NEXTなどで配信されるようになりましたので、今後の配信に期待ですね!

婚活戦線~狩れ、そして磨け~【第2話】のあらすじ

“何か最近お腹張る…”

ようこはお腹を押さえながらトイレから出てきた。

「エー○○さんやっぱデキてたんだ!」

「らしいよ。最近体調悪そうだったもんね」

女性が鏡の前で話しているのが聞こえたようこは、自分のお腹を見て妊娠してるかもと思ったのだ。

“まさかね…”

 

「やっぱりね。判ってたけどね」

ようこは念のために妊娠検査薬を使った。

しかし結果は陰性だったのに、ちょっとがっかりしている。

「でも何でお腹張るんだろ。明日病院行こうかな…。康太、大阪出張だし…。病院…」

気になったようこは、康太にも会えないので病院に行くことにした。

そのままようこは布団にもぐった。

“明日になったらデキてたりして”

 

「クラミジア感染症ですね」

「……は?性感染…」

病院に行ったようこに告げられたのは、妊娠ではなく感染症だった。

ボーっとしたまま病院をでたようこ。

“どういうこと?じゃあ康太にもうつしちゃった⁉でも私もどこから…って…”

我に返ったようこは康太の心配した。

しかし以前の里美の着信を思い出した。

婚活戦線~狩れ、そして磨け~【第2話】のネタバレ

「まさか…」

そう思った時。

「やだー。康太さん酔ってますかー?」

“康太って…(笑)”

ようこは康太の名前に反応したが、ただ同じ名前と笑って去ろうとした。

「酔ってないよ!でもすごい楽しい。運命感じちゃう」

声を聞いて振り返るとそこには康太と女の人が歩いていた。

「ちょっと康太くん。チャラ~」

「チャラくない。本気だよ」

“どどういうこと…?ここ、こないだ私と行った店じゃない…”

ようこは少し後ずさり考えこむ。

康太はようこに気づかず、女性と抱き合ったりしている。

“落ちつけ…何…?康太、大阪出張うそで、また婚活パーティ参加してたってこと?何のために?私何かした…?”

康太との思い出を思い出すようこは涙を流す。

“全部嘘だったの…?”

ようこは涙を溜めたまま、スマホを出し康太にラインを送った。

―ピコン

「何食べるー?」

康太はスマホを胸ポケットにしまって、女性に話しかけた。

“バカらしくなってきた…”

外からお店を見ていたようこはスッとスマホをかざして康太達の写真を撮った。

「あー。子供できてなくてよかった」

ようこはボソッとつぶやいた。

 

“か弱い少女じゃあるまいし、嫌なことは呑んで忘れる。大人の女の処女術”

「なんで、そうしたいのに。酔えないよ~」

ようこは撮った写真を片手に机に突っ伏した。

 

「エッようこさん⁉顔やばいですよ」

会社に出社した美香はようこを見て驚いた。

「あー大丈夫大丈夫。ちょっと飲みすぎちゃって、だめねー。顔に出しちゃ。ごめんごめん」

美香に心配させないように誤魔化すようこ。

しかし美香は気付いてこぶしを握った。

「…先輩。今日ランチ行けますか?」

「ランチ…。ごめん。あんま食欲なくて…」

断るようこに美香は近づいて、彼女の耳元で聞いた。

「前話してくれたお友達の話。あの方最近どうですか」

「あーえっと…」

目線を逸らして考えるようこに、美香は続けて聞く。

「っていうか。お友達でなくてあれって先輩の話ですよね。先輩に伊坂康太のことでお話があります」

「……!?」

婚活戦線~狩れ、そして磨け~【第2話】の感想

ようこさん妊娠してなくてよかったですね!!

浮気してるとかありえません!

あの女性が里美さんなんでしょうか?

とっさに写真を撮るようこさんさすがです!

でも好きな人が浮気していたら嫌ですね。

楽しい思い出とかその他のことが、噓のように感じてしまいますよ。

美香さんは旦那から康太さんのこと何か聞いていそうですね!

ようこさんはこれからどうするのか気になるところです。

最新情報をチェックしよう!