#MeToo【第3話】のネタバレ・感想!こんなはずじゃなかったのにな…

『#MeToo』は、絵:つかさき有先生・原作:中村敦彦先生の作品です。

2015年――

当時20歳の女子大生がセクシービデオ出演を拒絶した事で、プロダクションが2460万円の損害賠償を求めて提訴。

裁判所はセクシービデオ出演の契約書は向こうとして要求を退けた。

この事件をきっかけに、女性を食い物にする闇の世界が社会問題となった――

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「ストーリーな女たち」を無料で読む

#MeToo【第3話】の感想のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

#MeToo【第3話】の感想のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

#MeToo【第3話】の感想のあらすじ

デビュー2年目
メーカーとの契約が切れて『篠原らら』…もとい、ともかは企画単体女優になった。
はじめは泣く泣く出演した仕事も、時がたつにつれ馴染んでいった。

 

――

 

母「ねぇ、やっぱり帰ってこないの?」

 

ともかは地元に戻る気はなかった。
東京の方が就職に有利だから…というのもあるが、セクシー女優としての仕事があるから。

姉は遠方に嫁いで滅多に会えなくなってしまい、年老いた母は「娘を2人とも東京に出すんじゃなかった」と言い寂しがった。

 

ともか(ほんとに、東京に行かなければ…)

 

ごめんねママ。こんなうそつきな娘でごめん…

#MeToo【第3話】の感想のネタバレ

ともか「せいらちゃん、お待たせ」

 

ともかは元同業者のせいらとお茶をした。
企画単体になってからは事務所の干渉も和らぎ、同業の女の子との交流もできるようになった。

多い時で月収200万もあったが、ともかには全く貯金がない。
なぜかというと、ブランド品を買いあさったりや男に貢いだりで浪費してしまったから。
束縛された日常の中で、お金をばらまくことでしか平静を保てなかったのだ。

 

ともかは大学卒業を目前にして、そろそろ引退を考えていた。
手っ取り早く結婚という手もあるが、知り合うのは業界人ばかりだし…周りに合わせてとりあえず就活をしよう。
結婚するとしたら、相手は経済力で選ぼう。

 

せいら「ともか…そんなに甘くないよ?」
ともか「へ?」

 

楽観的に構えるともかに忠告するせいら。
せいらは引退して半年になる。
引退前はともかと同じような考えだったが、世間はそんなに甘くなかった。
自分がどれだけ特殊な世界にいたのか、どれだけ世の中とズレているのか思い知った。

 

ともか「…わかった、気を付けとく」

 

ともかは笑顔で流したが、内心せいらを見下していた。

 

何言ってんの、初めから企画女優のあんたとはちがう。私は単体の女王なのよ。
その上で大学にも通ってた。
常識だってわきまえてるし、あんたと一緒にしないでよ。

 

――

 

企画単体としてもピークを過ぎたともかは、セクシー女優から足を洗った。
そして普通に大学卒業し、普通に就職した。

 

同僚「ともかちゃん、誰かに似てるって言われたことない?」

社員たちと食事中、男性の同僚が切り出した。

同僚「女の子は知らないかな、『篠原らら』。セクシー女優だよ」

スマホ画面には、確かに『篠原らら』――ともかの画像が映っていた。

ともか「やだ…冗談」

 

どんなに隠しても、誰かしらにバレた。
否定したところで1度変わった見る目は元に戻らない。

初任給の少なさにも耐えきれなかった。
あくせく働いて手にした給料はたったの18万円。
すっかり金銭感覚が狂ってしまったともかは新卒で入った会社を2ヶ月で辞め、夜の仕事へと転身して…

 

そこで彼と出会った。
車のディーラーだという彼は接待で店を訪れており、スレたところのない純朴な青年だ。

彼はともかの過去を知らない。
やがて2人は個人的な付き合いとなり、結婚を意識するようになった。

 

――神様、これまでのことを反省しています。
これからは過去を封印して愛する人のために生きていきます。
どうかお願い、このままでいさせてください。
平凡な人生でいいの、好きな人と家庭を築いて…それだけ。それだけなの――

そんな願いは脆くも崩れ去ってしまう。

 

彼氏「コレ何?」

 

ある日
彼は『篠原らら』のDVDを、ともかの目の前にばら撒いた。

 

彼氏「よくも騙してくれたな」
ともか「騙すなんてそんな…言わなかっただけじゃない」
彼氏「一緒だろ!」
ともか「黙ってて悪かったわ、でも今の私を愛してくれてるんじゃないの!?」

 

彼氏はともかの言い訳に激高し、彼女を『事故車』だと揶揄した。

 

ともか「そんな言い方ひどい!!私だって好きでやったわけじゃないッ!」
彼氏「ウソつくなよ、自分の作品見たことないんじゃないの?どう見ても喜んでやってるから自分の目で確かめろよ」

 

カメラに痴態を晒す自分の姿は、耐えがたいほど浅ましくグロテスクだった。
ともかは自分が出演したビデオを見続けされられた。
1本見ては感想文を書く…毎日嘔吐しながらも彼に従った。
彼は顔を合わせるたび口汚く罵った。

 

彼氏「おまえなんか事故車どころか廃車だ!おまえと結婚したいヤツは1人もいないよッ」
ともか(彼がこんなに怒るのは、それだけ私を愛してたからだよね)

 

それを裏切ったのは自分。
全部全部全部、悪いのは自分――
処分を待つだけの廃車と言われても仕方がない。
数えきれないほどの男を乗せて汚れきった女なんて、誰が乗りたがるものか。

当然、その彼とは破局した。

 

それからは不倫の恋に溺れた。
これなら男サイドも後ろめたさがあり、引け目を感じずに済んで気がラクだ。

ともかは来年30歳になる。普通の人生はとっくに諦めた。
今は月々のお手当てをもらって金持ちに囲われる生活。
キレイに着飾って体を捧げ、満足を売る。

 

5年10年先のことなんて分からない。
たった数か月先のことだって分からなかったのに。

 

――ただ、あの時
東京に行かなければ。
スカウトを断っていれば。
警察に駆け込んでいれば。

こんなはずじゃなかったのにな…

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「ストーリーな女たち」を無料で読む

#MeToo【第3話】の感想

不本意な行為ではあるが富を得て慢心し、結果的に幸せを失い日陰で生きることに。
寓話みたいな話ですが、今も日本のどこかで起こってるんだろうなぁと思いました。

ましてやネット社会の世の中。
誰だって簡単に情報を得ることができますから、一度悪名で売ってしまうとホント逃げ場がないですよね。
ともかが解放されるとしたら…整形でもするか、老いて美貌をなくして『篠原らら』の面影がなくなった頃でしょうか。

(PTAが承知しないでしょうが)これから世間に出てくる中高生にこそ、こういう話を知ってもらいたいです。

まとめ

以上、「#MeToo【第3話】の感想」のネタバレを紹介しました。

この作品は「ストーリーな女たちブラック」で連載中です!
実際に絵も交えて読むとなお面白い作品なので、是非、下記の記事で紹介している無料で好きな漫画を読む方法からお試しください!

サービスの内容を細かく紹介しています。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「ストーリーな女たち」を無料で読む

最新情報をチェックしよう!