パーフェクトスキャンダル~ワケありな僕ら~【第1話】のネタバレ・感想!

子供以上、大人未満の彼女らは青春を追い求める。

女性コミック雑誌「&フラワー」で掲載された「パーフェクトスキャンダル」は電子書籍サイトのめちゃコミックでも配信されています。

「パーフェクトスキャンダル」はめちゃコミの独占先行配信となっているため、2019年4月現在では、他電子書籍サービスでは配信されていませんでした。

ですが、同じレーベルで独占先行配信の「RISKY」や「恋愛不感症」などがU-NEXTなどで配信されるようになりましたので、今後の配信に期待ですね!

キャンダル~ワケありな僕ら~【第1話】のあらすじ

主人公の川瀬未琴は、今を時めく芸能人。

CM出演やドラマの主演にも名が上がるほど、有名人であった。

そんな彼女には長く芸能界に身を置き続けた結果、青春っぽいことを全くできなかったという悩みがあった。

青春といえば恋ということで、彼女は同じ学校の芸能コースの有能株である天馬蒼生に目をつける。

彼に今度の撮影でベットシーンがあり、自身がないから自分の初めてをもらってほしいと、強引な方法で迫る。

はたして彼女は青春を謳歌することができるのか。

パーフェクトスキャンダル~ワケありな僕ら~【第1話】のネタバレ

川瀬未琴はどうしても恋愛というものをしたかった。

誰でもいいから恋愛の相手をしてほしいと思っているのだ。

彼女にとって、恋愛とは好きな人ができてからするものではなく、したいと思ってから男を探すものらしいのだ。

そこで白羽の矢が立ったのは、同じ学校の芸能コースの友人。

学校の中でも注目の的であり、大人気アイドルグループに所属している天馬蒼生であった。

川瀬未琴はさっそく作戦を開始する。

 

「まさか川瀬からLINE来るなんて正直ビックリした」

そういう天馬蒼生の言葉から、二人は挨拶する程度の仲であり、そこまで密な関係と言うわけではないようだ。

そこで川瀬未琴は仕事の話を絡めて、自分の初めてをもらってほしいと、大胆な相談をする。

しどろもどろになる天馬蒼生に「ほかの人に相談してみる…」と、追い打ちをかけついにセックスの約束を取り付ける。

こうすることによって強引に特別な存在になろうという魂胆のようだ。

 

当日、二人っきりの夜を迎える。

「カップルってこんな感じなのかな」

「好きじゃないのにドキドキする」

「恋愛ごっこでもいいから天馬君と付き合いたい」

「何もなく10代が終わってくなんてやっぱりヤだよ」

天馬蒼生の方も、理性を保つのに精いっぱいな様子。

このまま二人で最後まで行ってしまうのかと思った時、天馬蒼生の手が止まる。

川瀬未琴は「私の仕事のために協力してくれるんでしょ? 大丈夫もし関係がばれてもダメージないよ 私と天馬君だったら」

と、関係を後押しするような言葉をかける。

しかし、天馬蒼生は衝撃の一言を発する。

「川瀬…ごめん やっぱ…できない」

 

今回のお話はここまでです。

パーフェクトスキャンダル~ワケありな僕ら~【第1話】の感想

これを読んだ私の第一印象は、大人と子供の狭間にいる登場人物たちってイメージでした。

芸能人として、大人として、社会で活躍する川瀬未琴はとても立派に見えるのです。

しかし、子供のように恋愛したいという希望も持っているわけです。

彼女の言動は少し大人びて見えます。

天馬蒼生を自分の特別な存在にするために、大人な関係を迫ります。

しかし、その原動力というか、根底は成人するまでに恋愛をしてみたいという、子供らしいピュアな願いなわけです。

ここまでで私たちが知っているのは、彼女の心と彼の表面上の態度だけなわけです。

これはよく青春漫画で表される、所謂王道パターンなわけなのですが、いかんせん彼らは大人として社会で活躍してしまっています。

そこには大人の汚い思想などが当然関わってきますし、タイトルになっているように、「スキャンダル」として、自分の心が踏みにじられていく可能性もあるわけです。

パーフェクトスキャンダルのパーフェクトというところがどうかかわってくるのか分かりませんが、とにかく普通ではないという雰囲気を感じますね。

今後の展開によりますが、暗雲立ち込める彼女の恋愛模様を今後も固唾をのんで楽しんでいこうと思います。

 

さて、感想以外の考察です

川瀬未琴が天馬蒼生に「大丈夫 もし関係がばれてもダメージないよ 私と天馬君だったら」というセリフですが、どうも引っかかります。

芸能界に身を置く限り、男女の関係がばれることがマイナスになることはあってもプラスになることはまずないように思えます。

なのに、なぜダメージがないなどと言い切れるのでしょうか?

川瀬未琴もそこまで考え無しだとは思えません。

では、本当に関係がばれてしまったとき、何というのでしょうか?

私は、お互いが人気急上昇中であり、仕事に対して真摯に対応するプロフェッショナルというところが鍵なのかなと思いました。

つまり「私たちは演技のためにお互い体の関係を持ったり、恋人のような経験をしていたのです 心までは許していないのでファンを裏切ったりはしていません」というつもりなのではないのでしょうか。

こういう言葉一つをとっても子供以上大人未満という雰囲気が出ていて、作品の一貫性を感じさせますね。

ぶっちゃけ上で言った通りの言葉を言った暁には、消化しきれないほど炎上するというのが目に見えていますからね。

そういった綱渡り状態をみていくのもこの作品の楽しみ方なのかなっと思います。

 

今回はここまでにしようと思います。

ご閲覧ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!