かぞくを編む【第4話】のネタバレ・感想!

漫画「かぞくを編む」第4話を読みました。

さまざまな事情で産みの親による養育が困難な子どもを、新たな温かい家庭に迎え入れる特別養子縁組。

民間養子縁組あっせん機関「ひだまりの子」のケースワーカーとして働く主人公・ひよりの元には、予期せぬ妊娠や不妊に悩む人々が訪れる。

以下、ネタバレとなりますので、ご注意ください。

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
 U-NEXTで「かぞくを編む」を無料で読む

かぞくを編む【第4話】のあらすじ

「失敗ばかりなんて言われなくてもわかってるよ」と葉子が怒鳴る姿に、母は全く動じることなく、むしろ「まー怖いわねー」と嫌味なセリフ・・・

そして「ママすぐ怒っちゃうから向こうでばあばと遊ぼうねー」と栞奈ちゃんを連れて他の部屋へ行ってしまうのでした。

 

翌日、葉子さんは栞奈ちゃんにミルクをあげながら、乳児の頭のケガについてスマホで検察していました。

そこへ母から金曜日に遊びにいくからとメールが届きます。

その日はひよりたちの家庭訪問があるからと断っていたにも関わらず、自分勝手な行動にまた腹が立って仕方ありません。

さらに栞奈ちゃんのミルクの飲みが悪く心配でなりません。

ひだまりの子からの引き継ぎ書類に目を通すのでした。

かぞくを編む【第4話】のネタバレ

家庭訪問の日――

ひよりが話していると、約束通り母が訪ねてきてしまったのです。

さらにひよりの質問に母が答え、葉子の幼い頃の失敗談を楽しげに話しはじめました。

そしてこの間栞奈ちゃんをベッドから落としてしまったという話題を取り上げ、本当に仕方がないとまで・・・

葉子「――なんなの 今日はわたしの家族の話をする日なののにお母さんばっかりしゃべって」

「子供の頃からずっと嫌だった!お母さんのそういうところ!」

ひよりは順次さんにコーヒーのおかわりをお願いすると、葉子さんに母のどんなところが嫌いだったのか!?と訊ねます。

葉子「すぐ口出ししてくるところだよ!いつだって済んだことをぐちぐち繰り返して!もうウンザリ!」

「――わたしはお母さんのようになりたくない!!」

「だいたい失敗失敗って自分はダメな子だって言われてるようで頭に来るの!そんな親に子育てのことを相談しようなんて思わないよ!」

母「お母さんはただ 葉子が失敗しないよう手伝おうとしてるだけじゃないの!」

葉子「それが余計なお世話だって言ってるの いい加減子離れしてよ!」

母「子供の初めての子育てなんだもの おばあちゃんが協力して何が悪いの!?」

葉子「わたしは栞奈ちゃんを立派に育てなきゃいけないの!お母さんにまでかまってれらないんだってば!!」

 

その時、静次さんの焼いていたケーキが完成したようです。

母に助けをお願いして、二人きりになった葉子さんとひより。

ひより「ずいぶん肩に力が入ってるようですが 子育てきついですよね・・・」

葉子「・・・そんなこと」

「わたしはただ栞奈ちゃんの理想のお母さんになろうとしてるだけで・・・」

ひより「理想・・・・・・理想の親ってなんでしょうか?」

葉子「それはあの子を一番に考えて 望む進路に導いて そして――」

ひより「それ面接でも言ってましたよね 実際に栞奈ちゃんを預かってみてどう感じましたか?」

 

葉子さんは、落ち込んでいた時栞奈ちゃんが持っていたぬいぐるみを渡してくれたこと、あんな可愛い子を産んで6ヶ月も育てたのに手放さなければならなかった母親の気持ち、そしてその人の分も幸せにしなきゃいけないんだと思ったと話してくれました。

けれど、ミルクの飲みが悪く、ベッドからも転落させてしまい、自分には無理なのかもと落ち込んでしまっていたのです。

ひよりは、世の中には様々な子育て方法があると説明したうえで、子どもが笑っていることが大切だと伝え、力を抜いていこうとアドバイスをするのでした。

 

葉子「わたしが凝り固まってたら一番守りたい栞奈ちゃんの笑顔まで失っちゃうかも」

「あんまり気負わずいくわ」

 

母親のことは、上手く操る術を考えようとそっと囁くと、葉子さんとすっかり意気投合して、サシ飲みの約束まで交わすほどに、二人は盛り上がっていました。

 

ケーキが完成しみんなが揃った時、栞奈ちゃんが急に嘔吐してしまい、葉子さんはパニック状態に陥ります。

ふと頭によぎったのは、頭部のけがについて調べている時に見た“吐く”という症状でした。

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
 U-NEXTで「かぞくを編む」を無料で読む

かぞくを編む【第4話】の感想

あれだけはっきりと、文句を言ったにも関わらず全く動じない母のメンタルの強靭さに驚かされました。

どう話をしても、自分が孫に会いたい、葉子さんは失敗ばかりの子という気持ちで接するので、もう対応できない状況でした。

ひよりが訪問した際にも母はいつもの調子で、葉子さんはまた苛立ちを露わにしていましたが、効果はなさそうでした。

肩の力を抜いて育児を楽しむというアドバイスと、母の操り方というブラックな話題で盛り上がり、一件落着かとおもいきや栞奈ちゃんが嘔吐してしまいました。

また不安な気持ちでいっぱいになる葉子さんでしたが、ひよりはどのように対応するのでしょうか。

最新情報をチェックしよう!