生きやすい【第10話~第12話】ネタバレ・感想!突然落ち込むのに怒りはたまって素の自分がわからなくなっちゃう菊池さんの毎日

前回の“【第9話】二度目ましてが苦手”で、ちょっと「ん?」と思ってしまったのですが、続きを読み進むにしたがって、このコミックエッセイは、自己啓発本じゃないとあらためて思っています。

そう言えば、菊池さんは本作以外のコミックでも、決して「ああしろ、こうしろ」みたいなことはもちろん、何かを教えようとすることもありません。

ただ、私もだよと、そっと寄り添ってくれて、「生きていこうね」と押し付けじゃなく言ってくれる。

この本は、菊池さんの告白本なのかなと、今は思っています。

正直に、セキララに自分の心の内を開いてくれることで、「こんな私でも生きてるよ」と、それこそ癒えない自己卑下を繰り返す本心を、さらけ出してくれてるのかな?なんて思い始めています。

ということで、この記事では【第10話】から【第12話】まで、紹介します。

>>生きやすい【第13話】以降はこちら!

漫画「生きやすい」は単行本1巻で918円もします。

無料で読んでみたいとなった場合はmusic.jp・FODで読むことが可能です。

FODはポイントが貯まるまでに時間がかかるので、music.jpが今すぐ無料で読めるのでおすすめですよ。

>>FODはこちら

\30日間無料&961Pで今すぐ読める!/

生きやすい【第10話】突然落ち込む あらすじ・ネタバレ

今日は素敵なことがちょこちょこあって、「良き日」と思っていたのに、菊池さんは脈絡なく、地の底まで落ち込みます。

「あと何年生きなきゃいけないんだろう」

こんな日は、ダメだしばかりしてくる脳内の声に反応する気力もない。

それでもこんな落ち込みは、たいていは寝れば消えるんだけど、時たま引きずることがある。

そして、落ち込みは前触れもなくやってくるから、回避もできない。

 

できないんだけど…、

反応する気力もないけれど、脳内の別人格は相変わらず、ささいな行動や思っていることに、ことごとく突っ込んできます。

やがて、別人格からつっこまれ続けるうちに、いつの間にか浮上しているので、最近あまりもがかないようにしているという菊池さん、「うるさい脳内もたまには役立つ」なんて開き直って、【第11話】に続きます。

生きやすい【第11話】怒りを伝えられない あらすじ・ネタバレ

菊池さんはネットニュースを読みながら思っています。

「お…、怒る案件かこれ…!!」

菊池さんは怒れません。何に対しても、口に出して言ったことはありません。

唯一、お父さんに対してだけは、言ったことがあったけれど、あんな思いはもう二度としたくないと思っています。

 

そして、菊池さん、

「普通なら怒るようなことをされても、怒りを感じるのに時間差があるというか、怒るべき瞬間は感情も思考もフリーズしてしまう」

なんて思っています。

 

吐き出せなかった怒りは不満に変わって胸にたまる。

ようやく出す時には、後戻りできない最終形態に。

最終形態とは、「さようなら」です。

その時、なぜかふと、菊池さんは自分の怒りの感情は、動かしてなかったからサビて使えなくなった、ボルトのようなものに思えます。

「ボルトは捨てて交換だけど、人間はもう一度使えるようになるかねぇ」

腕を組んで考えます。

 

次に何かおかしなことを言われたら、タイムラグがあっても怒りましたって伝えてみようかな。

怒り方ちゃんと習ってからね。

そんなことを思う菊池さんの毎日は、【第12話】に続きます。

生きやすい【第12話】素の自分がわからない あらすじ・ネタバレ

Aさんといる時はAさんみたいになって、Bさんといる時はBさんみたいになって、人に合わせ過ぎる、と菊池さんは自分のことを分析します。

そりゃ誰だって、相手やTPOでキャラ使いわけてることはわかってる。

でも私はそれが違いすぎるから、私の八方美人さを知らない人には隠し事をしているみたいで申し訳なくなる。でもだからって、常に“しっかり自分を持ってますキャラ”を演じてるみたいになっちゃったら、全自分からの激しいつっこみが起こる。

「誰だよお前!!」

人に合わせてキャラとテンションは違っちゃうけど、白を黒というような二枚舌よりはマシかもと、なんとか自分を説得中です。

「ウソはついてない!」

菊池さんの自己分析は、続きます。

>>生きやすい【第13話】以降はこちら!

\30日間無料&961Pで今すぐ読める!/

生きやすい【第11話~第13話】感想

自分の胸の内をさらけ出すのは、勇気がいります。

それも、ごくごく親しい人に、ぽつぽつと話すのではなく、万人に向けたこのコミックエッセイは、とんでもない決心がいるように思えます。

でも、どうなんだろう?

菊池さんは、どんな想いで、ここまで正直に自分をさらけ出したんだろう。

 

最後まで読めばわかるかな?

次回、いよいよ最終話です!

最新情報をチェックしよう!