俺たちつき合ってないから【第6話】の漫画ネタバレ・感想!

「俺たちつき合ってないから」第6話を読みましたのでネタバレを紹介します。

原作・宮崎摩耶先生。作画・山崎智史先生の作品になります。

支配人に”デリヘル”に誘われたゆりかは切れて、そのままパチンコをしていた。負けた彼女は目の前のカードローンに手を出した。

年収3千万の男とつき合う予定だからと”100,000円”を。

>>「俺たちつき合ってないから」ネタバレ一覧はこちら!

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
U-NEXTで「俺たちつき合ってないから」を無料で読む

俺たちつき合ってないから【第6話】のあらすじ

(10万…これだけあれば、安い女に見られないよね…。これでいける!勝負してやる!)
ゆりかはカードローンでお金を借りた。

「お支払いは?」
「現金で」
「お支払いは?」
「リ、リボで。リボで!!」

次の日、彼女は借りたお金を使って、靴やピアス、バッグに下着と色々なものを買った。
しかし、途中でお金が足りなくなり、リボ払いをした。

「結婚は?彼氏はどうなの?お見合いするならお母さん用意するわよ?将来のお母さんの介護とかどうするつもり?」
「心配しないでお母さん。もう彼氏いるし」

部屋で準備をしながら、スマホをテーブルにおき母親と電話をしている。

 

「えっ⁉彼氏⁉」
「うん。だから心配しないで」

電話越しに驚く母親に優しく声をかけた。

俺たちつき合ってないから【第6話】のネタバレ

「はぁ…。彼氏になるはずの人…。なるはずの人…。いや、なる人!!絶対!!」

電話を切ったゆりかはため息をつく。
ピュンピュンとのことを思い出し、一人で断言した。
そして持っていたスマホを素早く動かした。

「!」
「ちょっと!ゆりかのインスタ見て!!」

この前ご飯に行った友達が2人でスマホを見る。
するとそこには

”今日はこんな感じのトコでご飯♪また感想載せまーす”

と、写真付きでのせていたのだ。

 

「「まじ⁉」」

「フフフ。くやしがれ、くやしがれ~」

”♡いいね”がつくたびに笑いながら握りこぶしをつくる。

(男を見る目だけはあると思ってる。でも今までの彼氏たちは、なぜかみんな浮気ばかり…。貧乏なくせに他に女がいたり。でも今回は3千万!今度こそ、私だけを見つめてもらわなくちゃ)

ゆりかは元カレの浮気現場を思い出した後に、これから会うピュンピュンとの食事をイメージしている。

 

その時

--ポポポン ポポポン

ピュンピュンから着信が。

「も!も、も、も…もしもし…」

座って一度深呼吸をしたゆりかは、出る時に立ち上がった。

その声は裏返っていた。

「あ、ゆりかちゃんごめん。ちょっと仕事で急遽出張になっちゃって…。デート横浜まで来れる?俺の出張先なんだけど…」
「よ、よ、横浜!!?」

ピュンピュンからの話に驚きて大きな声を出すゆりか。

「うん…。本当は都内の高級ホテルでディナーと思ってたんだけど…。
今回会える機会逃したら、次はいつになるかわからないんだ…。
あえるかどうかは、ゆりかちゃんが俺に会いたいか、会いたくないかなんだよ…」

「えっ⁉」
「ゆりかちゃんの気持ち次第なんだよ…」

驚きのあまり、ゆりかは床に座る。

(うそでしょー!!!試されてるの⁉3千万の男に⁉先行投資…)

 

キョロキョロと周りを見た彼女の視線に、お金を借りて買ったばかりのバッグと靴が見えた。
一度考え込むゆりか。

「行きます!!横浜でもどこでも!!」

覚悟を決めた彼女ははっきりと返事をする。

「じゃあ、着く時間わかったらL〇NEして」

そう言ったピュンピュンの口元はニヤリと笑っていた。

「明日は朝のアフレコと夜のキャバクラが入ってる。終電になっちゃうよね。時間調べておかなきゃ…」

瞬時に明日の予定を確認したゆりかは、急いでメイクをして服装を整えた。

もちろん、買ったばかりのバッグにピアス、靴も忘れていない。

(滅多にない声の仕事。遅刻したくない。女優としてベストの状態で行きたかったけど仕方ない。3千万の男逃してたまるか。彼氏3千万なら人生勝ち組!!)

 

ゆりかは自転車にまたがって、駅まで急ぐ。

「えっ?うひゃ。まじかよ!!でも雨宿りしてる余裕ない。時間が無い!行け、私!!」

必死にこいでいるときにザァァーと土砂降りの雨が降ってきた。

何とか駅に着いたゆりかは、頭から足先までびっしょりと濡れていた。

”取引先の人と食事することになっちゃって…。俺は会いたいんだけどどうする?”

「はぁ⁉」

 

スマホを確認したゆりかに届いていたのは、ピュンピュンからの試すような内容だった。

いらだったゆりかだが、”行きます!”と。

(負けない!このくらいでへこたれてられない…!!これを乗り越えたら、3千万の男ゲット!人生バラ色!人生勝ち組!!!)

電車の中で、半額シールのついたおにぎりを食べるゆりか。

しかし彼女は涙を流していた。

 

「なんで勝ち組がおにぎりひとりで食ってんだ」

(どうしよう…今…私…ただの孤独だ…。私…ピュンピュンさんと結ばれるよね…?)

急に不安になったゆりかは俯いて涙を流す。

 

その頃ー

「飲茶美味しかったー。また行こうね中華街。私出るけど、どーする?」
「俺は泊まっていくよ」

ラブホテルで女性はシャワーから出て、バスタオルで体を隠し、ピュンピュンはパンツ一丁でソファーに座っていた。

「これあげる。よかったら明日の朝食べて」
「いつもありがと」

女性が肉まんを渡し、それを受け取った彼は彼女の頭をなでる。

入り口で彼女を見送ったピュンピュンのスマホが鳴る。

”ピュンピュンさんと会えるの楽しみにしてます!”

ゆりかからの連絡だ。

 

”俺、ゆりかちゃんのために中華街で肉まん買ってきたよ。待ってるね…!”

「肉まん…嬉しいな…」

ピュンピュンからの返事を見て、また涙を流すゆりか。

”ホテル光って場所で待ってます”

もう一つ来た連絡には、自分が待っている場所をゆりかに伝えた。

「ホテル…ひかり…」

場所をつぶやきながら、検索をかけると。

「えっ?ラブ…ホ?」

>>「俺たちつき合ってないから」ネタバレ一覧はこちら!

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
U-NEXTで「俺たちつき合ってないから」を無料で読む

俺たちつき合ってないから【第6話】の感想

ゆりかさん…男見る目ないんだよ!!
気づきましょうよ!
元カレも浮気してたりとかって見る目ないし、何なら2番目とかだったんじゃ…。

1回しかあったことのないピュンピュンに会いに横浜まで行くって。
行動力はすごいですが…馬鹿ですね。

せっかくの化粧とかバッグとか濡れてダメになっているのに…。
もう少し疑いましょうよ!!

ピュンピュンもピュンピュンですけどね。
一緒に中華街行った女性誰ですか?
どれだけの人と関係持ってるんでしょうか?
嘘がうまいんでしょうね。

最新情報をチェックしよう!