RISKY-復讐は罪の味-【第16話】ネタバレ・感想・考察!「姉の自殺」

こんにちは!

めっちゃコミックで連載中の、RISKY-復讐は罪の味-【第16話】「姉の自殺」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

>RISKY-復讐は罪の味-ネタバレ一覧はこちら!

【RISKY-復讐は罪の味-が無料で読める】

2019年3月20日よりRISKYが各電子書籍で配信が開始されました!

おすすめはmusic.jpで、単行本でも単話でも無料で購入できますよ。

詳しくは「RISKY-復讐は罪の味-全巻無料で読む方法」をご覧ください!

▼30日間無料&961Pで単行本も単話も読める!▼

music.jpで「RISKY-復讐は罪の味-」を今すぐ無料で読む

RISKY-復讐は罪の味-【第16話】「姉の自殺」あらすじ

かひなたは病院の受付にいます。

ひなた「広瀬ひなたですっ。あの電話をもらって・・・

姉が、広瀬かなたが運ばれたって・・・」

 

「広瀬さんこちらへどうぞ」

ひなたは親族控室へよばれました。

ドアを閉める看護師にひなたは姉がどういう状況なのか問います。

看護師は、かなたが駅の階段から転落し、幸い頭などは強く打っておらずCT検査でも異常がなかったことを伝えました。

ひなた「CTって・・・」

「姉は妊娠しているんですよ!どうしてそんな検査っっ!」

驚いて質問するひなたに看護師は俯いて申し訳なさそうな表情をしています。

看護師「お腹の子はここに着いた時にはもう・・・」

「この時期は流産しやすいので直接の原因を断言はできないのですが・・・」

 

ひなた(どうして・・・)

 

 

 

 

RISKY-復讐は罪の味-【第16話】「姉の自殺」ネタバレ

 

コンッ コンッ

ひなたは病室に入ります。

ベッドに横になっているかなたは窓の方を見ながら、

かなた「ひなた。赤ちゃんいなくなっちゃった・・・」

と話します。

ひなた(どうしてーーー・・・)

こらえていた涙が一気に溢れます。

ひなた(お姉ちゃんとあたしの幸せのカタチだったのに・・・)

 

我に返ったひなたは

「彼氏さんは?連絡した?」と聞きます。

かなたは首を横に振ってこたえました。

かなた「早く来てもらおっ!あたし連絡するから連絡先教えて!」

かばんの中からスマホを取りだすひなたに、

かなた「やめて!」

と強く止めます。

かなた「今は・・会いたくないの。だから連絡しないで」

ひなたは首を横に振り、「そんなこと言ってる場合じゃないよ?お姉ちゃん・・・」

とさらに涙を流して訴えます。

そんなひなたに

かなた「お願い・・・お願いよひなた」

とさらに制止するのでした。

 

 

 

そして、かなたが退院の日。

荷物をまとめているひなたも一緒です。

かなた「心配かけてごめんね。」

「体はまだ少ししんどいけれど、大丈夫だから」

そう言うかなたの背中は、まだ元気がなさそうです。

そんな様子を見てひなたはうなずくことしかできませんでした。

 

大丈夫だから・・・

 

 

その後・・・

ひなた「もう仕事行って大丈夫なの?」

かなた「うん、大丈夫」

 

家でテレビを見ている時。

ひなた「わー!おいしそう!今度このお店食べに行こ?」

かなた「そだね」

いつもの笑い方をしているかなたに、ひなたは少し安心しているようです。

 

そんな中、

ある日警察からの電話でかなたが自殺したことを知らされます。

 

ひなた(どうして一人で逝ってしまったの・・・)

(一人は寂しくなかった?そっちで赤ちゃんに会えた?)

(私も連れて行ってくれたらよかったのに・・・)

 

 

光汰「ひなた、ひなたいるか?」

心配して様子を見に来た光汰は、キッチンで包丁を持ったひなたを見て駆け寄ります。

 

 

光汰「何やってんだよ」

とっさに包丁を持っている手を掴む光汰ですが、ひなたは冷静です。

ひなた「何って・・・光ちゃん。何か食べるもの作ろうかなって」

「思っただけ・・・」

光汰は言葉を詰まらせます。

ひなた「でもそれでもいいかな。生きるのが辛い・・・一人は寂しいよ」

光汰「そんなこと言うなよ!一人じゃないだろ!?」

「俺がいるだろ!?」

そう言いながらひなたの両頬を包みます。

光汰は泣きながら抱き着いてきたひなたを一瞬止めますが「なんでもない」といい、そのままひなたの体を抱き寄せるのでした。

 

 

そして一周忌がおわり、ひなたとかなたは二人でお墓参りをしています。

光汰「かな姉の一周忌、無事終わってよかったな」

ひなた「うん」

「正直お姉ちゃんのお葬式もほとんど記憶になくて、今回の一周忌も段取りから何もかも光ちゃんに助けてもらったね」

「そばにいてくれてありがとう」

そういいながら、ひなたは微笑みます。

 

マンションのポストを確認しながら、

「今日何食べたい?好きなの作るよ」と光汰に言いました。

光汰「ひなた疲れただろうし、食べに行くかデバろうや」

そういう光汰でしたが、ひなたは一通の手紙を手に返事をしません。

こうた「どした?」

驚いた表情で振り向いたひなたは言います。

「お姉ちゃんから、手紙が届いてるの・・」

>>RISKY-復讐は罪の味-ネタバレ一覧はこちら

▼30日間無料&961Pで単行本も単話も読める!▼

music.jpで「RISKY-復讐は罪の味-」を今すぐ無料で読む

RISKY-復讐は罪の味-【第16話】「姉の自殺」考察1

かなたのお腹にはもう赤ちゃんはいませんでした。

階段から落ちてしまったことが原因かもしれませんが、

もしかしたらその前の時点で赤ちゃんはいなくなっていたのかもしれませんね。

そして二重で苦しみを味わってしまったのかなと考えてしまいました。

どちらにしても、かなたにとってはかなり辛い状況となってしまったことでしょう。

亨と連絡を取りたがらなかったのも、浮気をしているであろう相手に甘えることはしたくないですよね。

 

RISKY-復讐は罪の味-【第16話】「姉の自殺」考察2

 

泣きながら抱き着いてくるひなたを、光汰は一度軽く突き放してしまいました。

かなたはびっくりしたような病状をしていましたが、

まだこのときは二人はそういう関係ではなかったのかなと思いました。

かなたの一周忌が終わって、光汰にいろいろと助けられてきたことを思い出し、

光汰の大切さを再確認して付き合った・・・という展開なのでしょうか?

ここは本編でもどうなっているのか話が出てきていないところなので、

個人駅にはちょっと気になってしまいます。

 

 

RISKY-復讐は罪の味-【第16話】「姉の自殺」感想

入院中のかなたはかなりショックを受けているようでしたが、

なにかを思い詰めているような考えているような感じにも見えました。

かなたには何かわかっているのでしょうか?

そして最後に届いていた手紙がかなり気になります!!

これからの展開、物語の重要なポイントになりそうなので、

逃さずにチェックしたいです。

最新情報をチェックしよう!