不倫サレて離婚しました。【第2話】ネタバレ・感想!「なにが良かったんだろ」

今回、「不倫サレて離婚しました。」の【第2話】を読みました!

最近SNSなどの広告でも見かけることが多くなってきた作品です。

以下ネタバレになりますので、ご注意ください。

「不倫サレて離婚しました。」は2019年5月時点でめちゃコミの独占先行配信となっています。

めちゃコミは無料の試し読みはありますが、全話を無料で読むことはできません。

しかし、他の電子書籍サービスで今後、配信される場合がります。

そこでおすすめなのがU-NEXTというサービスです。

31日間無料で600Pが付いてくるのですぐに無料で読むことが可能!さらに動画の見放題もついてくるのでお得ですよ!

不倫サレて離婚しました。【第2話】あらすじ

あめ子ともえは焼き肉屋で、元夫のことを話しています。

もえ「私の元夫、浮気相手と別れたらしいんだよね」

あめ子「はっ!?」

もえ「別れてすぐ私に電話かけてきて。知らねーよって」

あめ子「ってか別れるの早くない?」

 

もえは手であめ子の話を制止します。

元夫はなんと4か月で浮気相手と別れたそうです。

あめ子「早っ!高校生かよ」

 

もえの元夫は電話で、そのことを愚痴ってきたそうです。

そしてなんと、あの子とは不倫でなく純愛を貫いたんだと変なことを言ったのです。

それからもぐずぐず文句を言ってきたそうで、挙句の果てにもえと結婚中で浮気相手と元夫と付き合う前に浮気相手が言ってきた言葉が、

「あたしフェ〇チオ得意なの」

という驚きの内容でした。

ですがそんなにうまくなかったそうです。

あめ子は「うえーーー」っとあきれた様子。

もえ「わかる!?別れた相手に不倫相手の愚痴話聞かされる私の気持ち!?」

「しかも性的な」

なさけないよーと話すもえに、あめ子は一つ聞きたいことがあると話を変えました。

 

あめ子「元旦那とその子の別れた理由って?」

下世話話にわくわくしながら話を広げます。

もえ「相手の女の子の浮気・・」

あめ子「ひっどい!!」

しかも浮気相手はまた職場の既婚者だったようで、近場で乗り換え過ぎだと二人で非難します。

そしてもえの元夫が言ってきた言葉が、

「あの女と不倫して別れたんだから、あめ子みたいにあの女を訴えてくれ!」

だったそうで、自分で不倫しておいてそれはないだろうと飽きれた笑いが止まりません。

 

あめ子「アホ過ぎて面白い!」

もえは元夫は何を言ってんだとあきれ気味ですが、あめ子は別れた後でも訴えることが出来るとちょっと強気です。

もえは割とありだなーと少し考えますが、あめ子が証拠を集めて弁護士のところに行こうと話を広げようとしますが、めんどいし終わったんだからもういいんだよとあきらめました。

不倫サレて離婚しました。【第2話】ネタバレ

もえは話を続けます。

もえ「そんなことより」

「別れて一歩離れてみて思うのが、何が良かったんだろーって」

あめ子「はいはいはい、分かるー!」

 

もえが言うには、結婚中は夫を立てなきゃいけないから頑張ってきたけれども、他人になってその必要がなくなり一歩離れるとダメだそうです。

あめ子は納得。

もえも私たちは目を瞑ってきたのかと、ため息をつきます。

そしてお肉を焼きながら、ここから人生頑張ろうと気持ちを入れなおそうとしました。

 

あめ子「あ、そう言えば」

「私、離婚届の保証人、不倫相手のきゃりーちゃんに書かせたんだよ」

もえ「うわ!あめ子なにしてるの」

あめ子は結婚届は自分の親にサインをしてもらったのだが、離婚届のサインはしてもらうのが嫌だったそうです。

結婚は二人で決めたのに、終わるときにはなんで3人に増えているのか疑問だったようです。

そしてその離婚の原因になった相手が何もしないのはおかしいと思い、自分の婚姻届けよりも先に人の離婚届にサインをしたというレッテルを張りたかったのだそうです。

 

離婚届の保証人のサインをさせる際、それだけのことをしたのだとわかって欲しかったのです。

あめ子「まぁ私の復讐心だぅたんだけどね」

 

離婚届を記入させている時の事。

きゃりー「ここに書くのでいいですか?」

元夫「うん」

元夫と談笑しながらきゃりーはサインをしたそうです。

その時あめ子は、この子は何も気づけないそういう子なんだって確信したのです。

その横で指示する元夫の顔を見て、あめ子はグッと怒りを抑えました。

きゃりー「あ、字を間違えちゃいました」

元夫「全くだめだなー。修正印つかって」

その優しく教える素振りをみて、あめ子は確信しました。

 

あめ子「男の人って、何も知らない風の女に教え込みたくなるって言うよね・・・」

 

離婚届に記入させている際の「できましたー」と言っているきゃりーの顔はなんだか幸せそうなのです。

その時あめ子は、色々教え込んでたらそりゃ楽しいよねって怒りと共にぐっと抑え込んだのです。

 

あめ子「あれ見たら、なんかサーって引いた。一緒に大人になったと思っていたけど」

「あー、そういうのが好きでそういう感じのしたかったんだね。今の私にはああいうのできないもん」

当時は情けなくて恥ずかしいのと虚しくて悲しいのと、こんな仕打ち酷いって怒りと、結婚生活って何だったんだろう、無駄な日々だったのかなと、いろいろな思いがこみ上げてきていたのです。

 

もえはそんなこと考えちゃダメだって前向きです。

もえ「色々あったけど、バツもついたけどだから何!?」

あめ子「でもたしかに、もえちゃんの考え方いいね」

と納得の様です。

前向きなところを見習いたいというあめ子に、もえは話します・

もえ「なんでも深く考えすぎなんだよ。後ろ向き方向に」

「なかなかいないよ。不倫されてGPS仕掛けて車で追う女なんで」

バツつくくらいなによと、もえの表情は強気です。

その考え方は為になるけどたまについていけないとちょっとお疲れ気味のあめ子ですが、もえはついてきてよとやっぱり強気です。

 

もえ「今まで散々な目にあってしんどかったけど、あめ子は特にね」

あめ子「キズありだけど、一点ものヴィンテージって思ったら悪くないって思えたよ」

笑いながら話すあめ子にもえは笑顔で賛同します。

そして二人は、そのヴィンテージという言葉を気に入ってまた乾杯を始めるのでした。

その後まだまだ大変な目に合うことも知らずに・・・

不倫サレて離婚しました。【第2話】感想

もえの前向きさにはとても勇気をもらえますね、

もし自分がそうなってしまったときに、こんな友達がいたらかなり心強く安心できるんだろうなーって思ってしまいました。

そりゃあ、不倫サレるだなんて起きないのが一番ではありますが・・・。

 

そしてあめ子の浮気相手は何とも言えないくらい人をイライラさせますね。

周りの目があまり見えてないのでしょうか?

そうでないとこんなことできないですし、離婚届にサインだなんてもっとできないと思います。

私だったら、あめ子のように黙ってみているだけでなく、

なぜ離婚届にサインをさせたのか告げて、シメシメと思ってしまうと思います・・・(笑)

最新情報をチェックしよう!