悪女の定義【プロローグ〜第1話】ネタバレ・感想!転生したら悪女!?

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

悪女の定義【プロローグ】

こんな風に虚しくて無念な最期を迎えるなんて

考えたこともなかった・・・

主人公が水の中落ちてに沈んでいきます。

ある男性と女性を思い浮かべながら、悪女のせいで私は死んだと虚しい気持ちをもったまま。

 

そして目が覚めると、目の前には見知らぬ女性がいました。

「お嬢様!お目覚めになられたんですね!」

見た目も服装も変わって目が覚めた様で、驚いています。

どう見ても現代ではない服装の周りの人たち。

生き返ったであろう世界で、女性は悪女になっているようです。

平穏に暮らしたくても、この身体の前の主人が行ってきた悪行のせいで周りは敵だらけの状況に陥っているのです。

 

それならばここで優しく公平に生きたところで、自分が痛い目に合うだけだと気持ちを入れ替え、やられっぱなしで黙っているわけにはいかないと心を入れ替えるのでした。

悪女の定義【第1話】あらすじ

「芙美、俺たち別れよう」

主人公の芙美(ふみ)は彼氏に別れを告げられます。

その彼のそばにはもう別の女性がいるのです。

芙美「えぇ!?ちょっと待って・・・」

呼び止めますが、そのまま二人は行ってしまいました。

(さやかとすでに付き合っているってこと?)

(智也・・・!これ一体どういうこと?)

 

小柳芙美は22年間の人生の中で、今日が最も最悪な日を迎えています。

学校のトイレの個室の中で頭を抱える芙美は、学校中の噂になるほど自分にベタ惚れだった彼氏の智也が、友達のさやかと浮気をしたことにショックを受けています。

さやかのあの純粋そうな顔は、智也を手に入れるための演技だったんだと今わかります。

気持ちを切り替え、とりあえずトイレの個室から出ようと立ち上がったところ、外から誰かの話し声が聞こえてきました。

「大ニュース!さやかと智也付き合ってるんだって!」

「ええ?それじゃ芙美は?」

その声は同じ科の子の様です。

「別れたんじゃない~?超気になる!後で呼び出して聞いてみよっか?」

そんなことを言いながらみんなで笑いあい、悪口を言っています。

その子たちも、あのさやかが芙美のことを裏切るなんて思っても見なかったようです。

「でもさやかもムカつくけど、芙美も少しうざいトコあるよね~」

その言葉に驚く芙美。

さやかがぶりっ子しているのをかばっていた芙美が、いい気味だと笑いながらバカにしているのです。

「ちょっと優等生ぶりすぎだよね」

「全然大したことないのにさ」

「まあ顔だけは可愛いんじゃん?」

「あれだって化粧の力でしょ?絶対すっぴんはブスだって」

その陰口を聞いた芙美は、怒りを抑えています。

そしてその子たちがトイレから去って行った後も、何もできずにそのまま個室で立ちすくむ芙美でした。

悪女の定義【第1話】ネタバレ

そしてその日の夜。

芙美は河川敷で一人、焼酎をボトル大量にで呑んでいますが、なかなか酔えないことにいら立ちを隠せません。

「少しの間でいいから、智也とさやかのこと忘れたいのに」

そう言いながら頭を抱えているところに、芙美の携帯が鳴り続けています。

お昼に悪口を言っていた3人は、あんなに芙美のことをけなしていたのに何も知らないふりをして連絡をしてきているのです。

『芙美~ヒマ?』

『うちら呑みに行くんだけど、芙美もこない?』

そのメッセージが来て以来、またムカつくだけの内容かもしれないからとまったく携帯を見ようとしません。

「私そんなに悪いことしたのかな」

芙美は公平なことや正直なことがいいことだと思っており、そんな自分の性格をよく思ってくれる人も疎ましく思う人もいたかもしれないが、人と人が一緒に過ごす中で不満なんかは当たり前だと考えてきました。

ですが友人と彼氏に裏切られてショックを受けているところに、あんな悪口を言われているなんて思ってもいなかったのです。

「智也のバカやろぉ~~!!!」

そう言葉に出すと、一気に涙があふれてきました。

そこで自分は智也のことがすごく好きだったんだと、改めてわかったのです。

 

しばらく泣いていると、ちょっとすっきりして少し笑顔が出てきました。

そしてもういいやと立ち上がり、気持ちが軽くなったので気分よく寝れそうだと足を動かしたところ、

その場で足を捻ってしまいます。

芙美はそのまま目の前の川に落ちてしまいました。

川はなぜかかなり深く、水の中でもがきますがなかなか上に上がることが出来ません。

やっと少し水面に顔を出すことが出来ましたが、またすぐに沈んでしまいます。

(まずい・・・こんなに夜遅くに、わざと人気がないところに来たから・・・)

(私このまま死ぬってこと?嫌・・・誰か・・誰か助けて・・・)

芙美のその思いもむなしく、そのまま深く沈んで行ってしまうのでした。

悪女の定義【第1話】感想

プロローグで全く違う時代に中身が芙美らしき人がいることから想像するに、

身体がかわって生きているということにはなりますね。

実際の芙美が死んでしまったのかどうなのかは、今の段階では全く分かりませんが・・・。

にしても友人たちはひどいですよね。

仲良くしていたであろうさやかには裏切られ、

同じ科の友人には裏で悪口を言われ・・・。

散々な状況でありながら今後どうなっていくのか、展開がとても楽しみです!

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年4月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!