覗く女~ハルミ35歳は、友達がいない【第3話】のネタバレ・感想!私はあんたのしもべじゃない!

漫画「覗く女~ハルミ35歳は、友達がいない~」は甲斐今日子先生の作品です。

とある会社の主任・小笠原晴海(35)は、25年間友達のいないおひとりさま女子。
やたらハイテンションで他人との距離が取れず、周囲から疎まれてしまう残念な性格だ。
ある日、晴海を嫌っている後輩の真里奈と静香によって住所を晒され、あわや飢えた男どもの餌食になりかける。
晴海はスマホマスターと言えるまでにスマホ技術を勉強し、SNSを駆使して後輩たちへの復讐を始めるのだった。

★前回までのあらすじ★
晴海は真里奈のスマホにスパイアプリを仕掛け、やり取りを監視した。
そこで真里奈が静香のことをバカにしているのを知って、静香に同情。
2人を絶交させ、カワイソーな静香と自分が友達になるのを夢想するのだった。

静香に不信感を植え付けるため『ウラマリナ』というなりすましアカを作り、あたかも真里奈が静香の陰口を叩いてるような投稿をして、それを静香が見るよう仕向けた。
これを見た静香は真里奈の仕業と信じ、ショックのあまり欠勤。
さらに晴海は、お見舞いにかこつけて静香のアパートに押し掛け、どさくさ紛れにボイスレコーダーを仕掛けることに成功した。

その一方で真里奈とは、静香になりすましてラインのやり取りをする。
こうして仲良し2人組の間には温度差が生じ、関係はビミョーなものとなっていった。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「ストーリーな女たちブラック」を無料で読む

覗く女~ハルミ35歳は、友達がいない~【第3話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

覗く女【第3話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

覗く女~ハルミ35歳は、友達がいない~【第3話】のあらすじ

真里奈は疑問に思っていた。
最近なんか静香の態度がよそよそしいんだよな~…ラインだと返しが明るいのに。

静香は機器に強いし引き立て役になるし、何かと使えるから手元に置いておきたい。
よし!いっちょゴキゲン取っておきますか!

そういうわけで真里奈は合コンを企画した。
かねてより「彼氏がほしい」と言っていた静香のために。
メンバーは主役の静香、真里奈、数合わせに同僚の地味女・温子。
同じく同僚の菜々美はオトコを持っていきそうだからハブ。

 

静香(どういうつもりだよ、真里奈のやつ…何か企んでるんじゃないの?)

 

合コンに誘われた静香は大いに訝った。
しかしここで『ウラマリナ』のことを追及するわけにもいかないし…とりあえず不信感を飲み込んで、参加することにした。

 

一方で晴海は、静香に仕込んだボイスレコーダーから会話を聞いてほくそ笑んでいた。

 

晴海(真里奈は静香のゴキゲンを取る気ね。そうはさせるもんですか)

 

合コンの邪魔をしてやる。
そのために今日は定時で退社しなくちゃ!

覗く女~ハルミ35歳は、友達がいない~【第3話】のネタバレ

カラオケボックスにて

 

カズキ「カズキで~す!」
スグル「スグルで~す!@@商事で~す」
タクマ「タクマです!××製薬に勤めてます!」
温子「温子です!真里奈さんの同僚でっす!」
静香「あ…えーと静香です…名前とかぶるけど静岡出身です…よろしく…」

 

せっかくの合コンだというのに静香のテンションはまるでお通夜。
このせいで開始早々から盛り下がり、シ~ンとイヤな沈黙が漂った。

 

タクマ「どうしたの?もしや彼女具合悪い?」
真里奈「…じゃなくてちょっと照れ屋なんだよね。静香って超できるOLなんだよ~仕事は早いしパソコン強いし、同期で一番信頼厚いんだよ~」

 

真里奈がフォローしてくれるのだが、静香は『ウラマリナ』が気になって素直に喜べない。
それどころか、わざとらしい持ち上げに不信感が深まるばかりだ。

 

タクマ「あの…静香さん静岡県出身なんだよね?実は僕、浜松に祖母がいるんだ!いい所だよね~」

 

3人いる男子のうち、タクマが好意的に話しかけてくれた。
ルックスはいまいちだが優しそうな男性で、静香も憎からず思った。

 

真里奈「なになに2人いい感じ、席替わろうか?まだその席でいい?了解~ガンバレ!」

 

静香は、真里奈の無邪気なウインクにほだされかけた。
真里奈…もしかしてこの合コン、本当に私のために?
だとしたら『ウラマリナ』には気づいてないことにして、仲直りしてもいいかも。
――と思った矢先、静香のスマホにメールが入った。

 

『from真里奈
to静香
この中で一番しょぼい男に引っかかったね ご愁傷様~
いい男紹介してもらえると思った?これだから勘違いブスは困る~
まぁせいぜい頑張んな、ブサイク同士でw』

 

まさかの暴言にギョッとして真里奈の方を見ると、丁度スマホを操作していた。
このメールは晴海のなりすましなのだが…そんなこと露知らぬ静香は「やっぱり真里奈の本性は『ウラマリナ』なんだ」と確信(勘違い?)し、真里奈に対して憎悪を滾らせた。

 

真里奈「ホラ静香、ボサボサしてないでいつもの十八番入れな!」
静香「…うん」
真里奈「あっそうだ、そろそろ鍋の用意も頼んでくれない?」
静香「…鍋ね、了解」

 

いくら仲良く振る舞っていても、内心では見下してるのが態度に滲み出ている。
いつも通り静香をアゴで使う真里奈。
唯々諾々と真里奈に従う静香。
それを見た男子は、静香のことを「彼女って真里奈のしもべだよなぁ」と言って笑う。
その嘲笑がまた静香の心をズタボロにした。

 

――

 

真里奈(静香のヤツ暗ッ!私がここまでセッティングしてあげてるのに何あの態度!?超ムカつく)

 

一方で真里奈は、静香のしらけた態度に苛立っていた。
ラインでは『タクマさんゲットするね』とか盛り上がってるけど、口先だけかよ!
このラインも晴海のなりすましなのだが、そんなこと知らない真里奈は「今後の付き合い方を考えなきゃ」と静香に憎しみを感じた。

プライベートの付き合いをやめて、ただの同僚に格下げしてやりたいけど…
何かあった時の面倒処理を頼めなくなるのは困る。
ここは我慢して静香を持ち上げてやるか。

 

真里奈「ハイ注目~静香が歌いま~す!」

 

静香にマイクを押し付ける真里奈。
歌いたくもないのに振られて途方に暮れる静香。
再びシ~ンと静まり返る一同。
運ばれてきた鍋だけがぐつぐつと煮えている。

 

真里奈「ちょっと静香どうしたの?いい加減空気読んでよ、私に恥かかせないでよね」

 

真里奈に耳打ちされ、静香の中で何かがはじけた。

 

タクマ「静香さん。よければ僕とデュエットを…あっ」

 

キレた静香はタクマを突き飛ばして、席を立ち、真里奈の頭を鷲掴みにして…煮えたぎる鍋の中に捻じ込んだ。

 

男子「「「ウワー!!」」」
真里奈「いやあああ…熱い~~~!!」

 

顔がただれて絶叫する真里奈。
惨劇を目の当たりにしてパニックに陥る男子たち。
鼻息を荒くして真里奈に絶縁を宣言する静香。

 

静香「なにが『恥かかせるな』だ…私はあんたのしもべじゃない!絶交よ!!」

 

晴海(驚いた…!まさか静香がここまでキレるとは)

 

一部始終を監視していた晴海は予想外の展開に驚愕した。
ともあれ2人を絶交させることに成功してガッツポーズ。
自分の部屋に戻り、泣きながら逃げていく男子たちの姿を見届け、思い切りヒトカラを楽しんだ。

 

晴海(静香~悪い友達と縁が切れてよかったね!私は絶対に静香をバカになんてしないよ!今度は私とカラオケ来ようね~)

 

~~~

 

トイレから戻った温子は、部屋からただならぬ気配を感じ取った。
既に逃げ去った男子たち。
泣きながら巨体を揺らして走り去る静香。
1人残され、しきりに「顔が痛い」と言ってのたうち回る真里奈。

6名分・しめて3万円のお会計が残された温子は、途方に暮れながらも思い出した。
自分たちが合コンしている部屋をのぞき込む不審人物の姿を。

帽子をかぶりマスクをしていたが、確かにあれは主任だった。
なぜ晴海主任があそこに…?

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「ストーリーな女たちブラック」を無料で読む

覗く女【第3話】感想

なんだかタクマくんがカワイソーでした。
真里奈に「カネの心配はしなくていいから」と言われたから参加したのに、3万円の支払いを被った温子さんはもっとカワイソーでした(小並感)

まぁ、何にしても真里奈が静香を見下してるのは事実だったわけですね。
晴海が介入しなくてもいずれ破綻する友情だったのかなぁと思いました。

ていうか「友達になろう」も何も…静香はお縄になるんじゃあないでしょうか?
覗き見してるところを温子に目撃されてますし、晴海の行為も追及されるんじゃ?
そして、後々真里奈が復讐に燃える顔面崩壊女になりそうな予感です。

まとめ

以上、「覗く女【第3話】】」のネタバレを紹介しました。

「ストーリーな女たちブラックvol.23」で連載されたばかりの新作です!
実際に絵も交えて読むとなお面白い作品なので、是非、下記の記事で紹介している無料で好きな漫画を読む方法からお試しください!

サービスの内容を細かく紹介しています。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼

U-NEXTで「ストーリーな女たちブラック」を無料で読む

最新情報をチェックしよう!